メイン

10両親への挨拶と結納 アーカイブ

2007年01月24日

両親へ結婚の報告


二人で結婚することを決めたら、お互いの両親に結婚をさせてください
と挨拶をしに行きます。男性が女性側の両親へ挨拶にいくことが普通ですね
ちなみに多くの男性にとって、人生で最も緊張する瞬間だそうです^^


ということで、お互いの両親へ結婚することを報告するときの注意点を
順番に挙げていきます

両親


時間は絶対に厳守すること!


これは絶対にやってはいけないミスです。絶・対・に・です!
たとえ事故で渋滞していても全くいいわけに出来ません。待たされた相手の
両親にとっても人生で一番大事な日に遅れてきたというわけです


飛行機に乗る時刻に間に合わないよりもシャレになっていません。
その後、結婚を認めてくれても、相手の両親は一生忘れないでしょう
そしてアナタも・・・


清潔感のある服装で行きましょう


男性も女性もスーツがベストなのではないかと思っています。
しかしひとつ注意点として、しっかりしたスーツなのに、イマイチな
カラーシャツを着ていく人もいます。若い人でたまにいますね


ここは清潔感のあるシャツでピシっと決めていきましょう!
別に白で無くても大丈夫です


時計にも気をつけて


スーツOK!シャツもOK!クツもOK!・・・だけどなぜか腕につけている時計が
スポーツウォッチだったり、カジュアルな時計だったりします。意外と見落としがちに
なるので要注意ですね


男性の靴下は白か黒がベストでしょう


クーツを脱いで上がったら靴下が赤だったりしたら、相手の親はギョっとします
黒といった無難な色で抑えておきましょう


クツの磨き忘れは注意!


人を足元から見るという言葉は有名ですが、親はアナタに大事な娘を任せることが
出来るのか?といったことを言い方は悪いですが、わかりやすく表現すると、
品定めをしてきます。隅までキッチリとチェックを入れられます


女性も可愛らしい服装はやめておく


いくら似合っているからと、かわいいからといっても、あまり派手な服装をしていくと
相手の親は常識が無いと思ってしまいます。スーツでなくても良いので、ラフで無く、
派手でも無い服装であれば特に問題無いはずです


アクセサリーは控えめにする


沢山の指輪をつけていくことはヤメておきましょう。つけても首から下げるネックレスを
控えめなモノを選んでつけるぐらいですね。


男性の髪の毛は黒で短髪、髪の毛をアップしていく


男性は必ず黒の髪型で短髪、そし髪をアップしていきましょう。おでこを隠している
よりも、髪の毛を上に上げておでこを出しているほうが相手にとって、明るいイメージを
つけることができます


黒い髪の毛についてはあえて説明するまでも無いでしょうが、たとえそれまでに
何度か両親と顔合わせをしていて、そのときは茶髪だから知っているとしても、
そのときだけは黒色に染めていかなくてはいけません


手土産を持っていく準備をする


ちょっと高級なお菓子を持っていくのがベストでしょう。事前に両親の好みを
しっかりと聞いておくのを忘れずにしてくださいね。それを基準に選んでいきます
失敗談として、相手の親が糖尿病で闘病中なのに甘いお菓子を持っていって
しまったという話を聞いたことがあります^^;


一緒に選びにいくとより確実でしょう。相手の親父さんが日本酒が好きだという
ことで、お酒を持っていくケースも多いですね


相手を持ち上げておく


結婚したい人がいるの・・・と言えば、まず100%「相手の方はどんな人?」と
親から聞かれるでしょう。そこで紹介する人のことを少しでもイメージアップして
おくと、会ったときからスムーズに話が進みやすくなります


たとえ結婚前から何度も食事をしたりして、会っているからといっても
やらないよりは、改めてやっておいたほうが良いでしょう


会いに行く日時を決める


相手の都合の良い日時を聞いて、お互いに団取りを合わせていきます
これは特に注意するべきポイントはありませんね。まさかイチ社会人が
失礼な時間帯を指定するわけありませんから・・・

あいさつ当日のポイント


あいさつ前イメージ


初対面のイメージは重要です


緊張をムリヤリなごまそうとムリにヘラヘラ笑っていたりすると、相手のご両親は
アナタのことを「なんて、たよりにならなそうな人なんだ」と不安になります。
緊張している顔でも良いのでヘラヘラ笑うのはヤメてください


コートなどの上着は入る前に脱いでおく


冬場に冷え込んでいる時期になると、スーツの上にコートを羽織っていくことも
多いはずです。玄関に入る前にコートは脱いで、手に持ってから玄関に入って
挨拶を交わしましょう


携帯電話を切っておく!


「ワタシたちの結婚をお許しください」といった重要な話をしているときに
携帯電話が鳴ったら、かなりサムいです。それがまた着メロで笑天のテーマだったり
したら最悪ですね^^;


玄関げクツを脱ぐときの注意点


玄関でクツを脱いだらつま先を入り口側にしっかりと向けて直します。
そして忘れがちですが、クツは隅っこのほうへ、そっと移動しておきましょう


お茶とお茶菓子を出されたときは


まず確実にお茶とお茶菓子が出てきます。そのときお茶は片手でゴクゴクと
飲まずに両手でお上品に飲みましょう。お茶菓子もあまりバクつかないように
気をつけてください


子供じゃないので、元気だな〜なんて思ってくれませんよ^^


両親の前では「さん付け」で呼ぶようにしましょう


普段はお互いに名前だけで呼び合っていても、両親の前では「さん」つけで
呼ぶことをオススメします

お互いの両親の顔合わせ


正式に結婚が決まったら、お互いの両親を顔合わせしてもらうための、
お食事会を開きます。友人で実際にあった話ですが、ここでお互いの両親が
大ゲンカとなったということもあります


その後、仲直りして事なきを得たのですが・・・


会食


お互いの両親のデータをさりげなく提供しておく


お互いの両親の趣味や好みが全く違う場合もあります。すると話が全くかみ合わず
なんだかしっくりと来ないまま終わることになるでしょう。お互いそんなに仲良くなる
必要はありませんが、たびたび会話が止まるのは避けたいからですね


ただ注意点として「こんな話をしてくれ」と言っても、まず間違いなく
ぎこちない会話となるので、データを提供するぐらいに抑えておくようにしてください
別にプロの役者、司会者というわけではありませんからね


食事の会場は実際に食べに行ってみる


ムリにすることは無いと思うのですが、お互いの両親が食事をするための
レストラン、料亭などを二人で事前に食べに行って確認しておきます


美味い料理が出てくるのか?お互いの両親が好みそうなメニューかなど、
お互いデートの晩御飯のついでなどに食べに行ったら、そんなにメンドウでは
無いはずです


服装などについては両親への挨拶と一緒


男性は失礼の無いようにスーツに白シャツ、もしくはブルーのシャツ、女性はスーツ
でも良いし、違っても良いが失礼のない格好でいくことですね


クツを脱いで座敷に上がる場所をとっていた場合、女性が長いブーツなどを履いて
いくと、脱ぐとき手間で焦ることもあるのでヤメておいたほうがいいかもしれません


その他、服装などの細かい注意点はコチラの(((両親への挨拶)))で確かめて
おいて下さい

婚姻届の提出の手順


婚姻届


婚姻届を提出した日から法律的に「入籍」というカタチになります
夫婦二人で届けに行くのが普通ですね


婚姻届の提出できる場所


婚姻届を提出する場所は自分たちが住んでいる現住所、もしくは自分たちの
本籍地となりますね。どこでも提出できるわけではありません。結婚するときに
初めて知りました^^


婚姻届を提出するときに必要な書類


婚姻届は当然として、戸籍妙本と二人の印鑑ですね。印鑑は修正時に必要と
なるので、一応持っていったほうがいいですね。ワタシたちは恥ずかしながら
コレで一度、家に戻ることになりました^^;


婚姻届を出すまでの手順


まずは市役所などから婚姻届を貰ってきます。戸籍妙本も必要なときは
取り寄せるわけですが、これがけっこう時間かかります。一週間ぐらいは
見ておいたほうがいいですね。


なんにしても早めに準備しておくことが一番です。その後、全ての書類が揃ったら、
承認を二人用意して署名と捺印を貰います。両家の父親からしてもらっておけば
特に問題は無いでしょう


全てが書き終わったら、自分の希望する日に役所に提出しに行きます。
芸能人でもよく見ますが、彼女の誕生日などよく聞きますね。あとは大安の日を
選ぶ人はいまでも多いです。これは親からうるさく言われました


婚姻届に書きこむ内容がわからなかったときは、役所の人に直接聞くなり、
電話で聞くのが最もミスが無くて確実でしょう。もしミスがあったとしても、
訂正印を押せばOKなので大丈夫です


オマケのマメ知識


婚姻届って365日、24時間いつでもOKなんですね。知っていましたか?
ワタシは裁判について扱っている某バラエティ番組を見ていて、そのことを
初めて知りました。まぁ普通は昼間に行くと思いますが・・・


あと代理人に頼んで提出してもらうことも出来るようですが、これから二人で
歩んでいく第一歩を誰かに任せる人のほうが居ないでしょう。よっぽど考えられない
ようなトラブルがあったら別なのかもしれませんが・・・

結納の手順


結納


最近の結納は昔に比べるとはるかにラクですね。昔は仲人をたてて、
仲人にお互いの家に行ってもらったりして大変だったのですが、
最近では仲人が間に入ることはほとんどありません。


略式結納とも言われています


関東式と関西式について


関東と関西で結納のやり方が大きく変わってきます。他にも
地域ごとの違いがあるので、遠距離恋愛といった場合、お互いの
地域のしきたりを知り、そこに合わせてやっていくことが重要です


ちなみに大きく分けれる関東式と関西式についてですが、これは関東式だと、
男女供に結納をします。そして関西は男性側が女性側に結納を贈るだけと
なっています


両家の結納に対しての考え方をキッチリと聞いておく


お互いの住んでいる場所が大きく離れている場合、地域性を含めても結納に
ついての考え方は少しずつ変わってきます。結納金にだすお金の金額なども
変わってくるので、お互いが結納に納得できるようにしましょう


住んでいる場所が両家供に近い場合は特に問題はありませんが、一応聞いて
おくほうがベストでしょう。どれだけしきたりを重んじているのかというのは
これは各個人の家庭でかなり異なる場合があります


結納の正式な日時を決める


お互いの家がもっとも都合の良い日付と時間帯を選んでいきます
特に問題は無いでしょう


結納の場所を決める


ウチの場合は関西式だったので、新婦側の家に直接訪れました。
他のみんなも同じようなカタチにしているのですが、関東の場合は
ホテル、料亭などに集まり、やるケースも多いようです


あと、両家の実家が離れている場合はお互いの家の中間の地域で
行うこともあるようですが、周りでは聞いたことが無いので参考例は
出せません


結納品の品数と値段


冠婚葬祭を扱っている店に行くと、結納品のセットが売っています。
それで済ませるのがラクですね。特に関西式だと片側だけなので
品数などを合わせる必要が無いです。


関東式の場合は両家が結納品を出すので、そこに値段の差が
ありすぎると両親が気分を害する場合があるので、気をつけて
おきましょう


あと結納品は二人が別れないように品数は奇数にしなくてはいけません
3品、5品、7品、9品というカタチですね。正式には9品のようですが、
ちなみにワタシは3品でした^^


お互いに渡す場合は品数を合わせるのが一般的ですが、
女性のほうが少ないといった地域もありますね。あと要注意なのが
目録です。目録は関東のほうでは一品に数えるのですが、
関西のほうは一品に数えません


目録について


目録は結納品の品数と種類、結納金の金額などを書き込む用紙です
目録の書き方は地域ごとに細かく違ってくるので、結納品の表記方法など
親と相談しながら書いていくのが一番確実でしょう


目録以外で必要な書類


親族書、家族書類、健康診断書といった三種類あります。ただ最近では
省略されることがほとんどですね。よっぽどしきたりを重んじる
トコロだけでしょう


親族書には結婚した家族の三親等までを記入
家族書には本人と同居している家族だけを記入します
健康診断書は提出を求められたら提出しましょう


結納品を受け取った後は?


結納品を受け取った後は、床の間などに飾っておきます。その後、
食べられるモノは食べてしまい、あとはしまっておきます


結納金の金額について


結納金は月収の2倍ぐらいと言われていますが、
ワタシの周りでは3倍ぐらいの100万円ほど渡すケースが多かったですね。
ただ年齢が低いと100万円はつらいので50万円ぐらいが相場だと思います。


ただコレも地域ごとで基準が異なるので、周りの人間に相談する
ことを忘れないでおきましょう


結納返し


結納返しについてですが、ウチは関西なのでやらなかったです。
周りの友人たちも誰もしていません。しかし関東のほうでは結納返しが
当たり前となっているトコロが多く、結納金の半分を返します。


「半返し」というみたいですね


あと結納返しは現金よりもカフスやネクタイピンといったモノで
返すことも多いみたいですね


結納当日に着ていく服装について


男性が着ていく服装は黒のスーツを着ていけば問題ありません。ただスーツならば
何でも良いというわけではないので、リクリートスーツは避けておいてくださいね
見た目的にもピシッとなるモノを彼女と選びに行きましょう!


女性が着ていく服装は振袖か落ち着いたカンジのワンピースが一般的ですね。
ちなみにウチのヨメは振袖でした。成人式しか着た事が無かった振袖を着ることが
出来るチャンスと言って喜んでいました^^


両親が着てくる服装も基本的には同じですが、ひとつ注意点があります。
主役である二人よりも目立つ高級な服装は避けるようにしてください
結婚式で白のタキシードを着ていく人はいないですよね?

婚約指輪


婚約指輪


指輪を渡す人が圧倒的に多いため「婚約指輪」が普通と思われていますが、
別にこれは婚約記念品と言って、婚約指輪でなくてもけっこうです。


あと絶対に渡さなければいけないわけでも無いのですが、
まずほとんどの人が渡します


自分も含めた周りの人間も全員が指輪を贈っていますが、
なかにはペアの腕時計を贈るケースもあるそうです。
基本的に常に身に着けているモノを選ぶようですね。


「エンゲージリングとマリッジリングの違いって何?」


エンゲージリングが婚約指輪のことで女性だけに贈るけど、
マリッジリングが結婚後にお互いが常に身に着けている
指輪のことですね


どんな婚約指輪を選べばいい?


婚約指輪はダイヤモンドがついているのがやっぱり一番人気が
高いようですね。最近では外にボコっと出ているわけではなく、
指輪の内側に埋め込まれていたりする
シンプルなタイプの婚約指輪が流行っているそうです


ワタシの場合はプラチナとチタンが重なっている指輪を選びましたが、
ヨメさんはゴールドとプラチナと内側にダイヤモンド入りでした。
チタンとゴールドの色以外、ほとんど変わりませんが、
値段は倍以上違います(笑)


あとはダイヤモンドじゃなくても誕生石をつけた指輪も
流行っているようですね。彼女が産まれた誕生日の月に合わせた
誕生石をつけた婚約指輪を贈ります


婚約指輪の値段


婚約指輪(エンゲージリング)は、ぶっちゃけ見につける機会が
婚礼の儀式と結婚式までだけなので、安く済ませるケースが増えています。
一生で数回しか身に着けないモノにお金はかけるのはちょっと・・・って
カンジですね


代わりの結婚後、いつも身に着けているマリッジリングのほうに、
お金をかけるケースが増えています。ワタシたち夫婦もそうしました。
エンゲージリングは自分が6万円、ヨメが8万円だけど、マリッジリングは
自分が20万円、ヨメが50万円しています


あとは婚約指輪を入れる箱が意外と高くて、一万五千円ぐらいしました^^

About 10両親への挨拶と結納

ブログ「結婚式の準備に向けて・・・ ウェディングで失敗しない!結婚式の手引き」のカテゴリ「10両親への挨拶と結納」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

次のカテゴリは20結婚式についてです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type