メイン | 2007年02月 »

2007年01月 アーカイブ

2007年01月24日

両親へ結婚の報告


二人で結婚することを決めたら、お互いの両親に結婚をさせてください
と挨拶をしに行きます。男性が女性側の両親へ挨拶にいくことが普通ですね
ちなみに多くの男性にとって、人生で最も緊張する瞬間だそうです^^


ということで、お互いの両親へ結婚することを報告するときの注意点を
順番に挙げていきます

両親


時間は絶対に厳守すること!


これは絶対にやってはいけないミスです。絶・対・に・です!
たとえ事故で渋滞していても全くいいわけに出来ません。待たされた相手の
両親にとっても人生で一番大事な日に遅れてきたというわけです


飛行機に乗る時刻に間に合わないよりもシャレになっていません。
その後、結婚を認めてくれても、相手の両親は一生忘れないでしょう
そしてアナタも・・・


清潔感のある服装で行きましょう


男性も女性もスーツがベストなのではないかと思っています。
しかしひとつ注意点として、しっかりしたスーツなのに、イマイチな
カラーシャツを着ていく人もいます。若い人でたまにいますね


ここは清潔感のあるシャツでピシっと決めていきましょう!
別に白で無くても大丈夫です


時計にも気をつけて


スーツOK!シャツもOK!クツもOK!・・・だけどなぜか腕につけている時計が
スポーツウォッチだったり、カジュアルな時計だったりします。意外と見落としがちに
なるので要注意ですね


男性の靴下は白か黒がベストでしょう


クーツを脱いで上がったら靴下が赤だったりしたら、相手の親はギョっとします
黒といった無難な色で抑えておきましょう


クツの磨き忘れは注意!


人を足元から見るという言葉は有名ですが、親はアナタに大事な娘を任せることが
出来るのか?といったことを言い方は悪いですが、わかりやすく表現すると、
品定めをしてきます。隅までキッチリとチェックを入れられます


女性も可愛らしい服装はやめておく


いくら似合っているからと、かわいいからといっても、あまり派手な服装をしていくと
相手の親は常識が無いと思ってしまいます。スーツでなくても良いので、ラフで無く、
派手でも無い服装であれば特に問題無いはずです


アクセサリーは控えめにする


沢山の指輪をつけていくことはヤメておきましょう。つけても首から下げるネックレスを
控えめなモノを選んでつけるぐらいですね。


男性の髪の毛は黒で短髪、髪の毛をアップしていく


男性は必ず黒の髪型で短髪、そし髪をアップしていきましょう。おでこを隠している
よりも、髪の毛を上に上げておでこを出しているほうが相手にとって、明るいイメージを
つけることができます


黒い髪の毛についてはあえて説明するまでも無いでしょうが、たとえそれまでに
何度か両親と顔合わせをしていて、そのときは茶髪だから知っているとしても、
そのときだけは黒色に染めていかなくてはいけません


手土産を持っていく準備をする


ちょっと高級なお菓子を持っていくのがベストでしょう。事前に両親の好みを
しっかりと聞いておくのを忘れずにしてくださいね。それを基準に選んでいきます
失敗談として、相手の親が糖尿病で闘病中なのに甘いお菓子を持っていって
しまったという話を聞いたことがあります^^;


一緒に選びにいくとより確実でしょう。相手の親父さんが日本酒が好きだという
ことで、お酒を持っていくケースも多いですね


相手を持ち上げておく


結婚したい人がいるの・・・と言えば、まず100%「相手の方はどんな人?」と
親から聞かれるでしょう。そこで紹介する人のことを少しでもイメージアップして
おくと、会ったときからスムーズに話が進みやすくなります


たとえ結婚前から何度も食事をしたりして、会っているからといっても
やらないよりは、改めてやっておいたほうが良いでしょう


会いに行く日時を決める


相手の都合の良い日時を聞いて、お互いに団取りを合わせていきます
これは特に注意するべきポイントはありませんね。まさかイチ社会人が
失礼な時間帯を指定するわけありませんから・・・

あいさつ当日のポイント


あいさつ前イメージ


初対面のイメージは重要です


緊張をムリヤリなごまそうとムリにヘラヘラ笑っていたりすると、相手のご両親は
アナタのことを「なんて、たよりにならなそうな人なんだ」と不安になります。
緊張している顔でも良いのでヘラヘラ笑うのはヤメてください


コートなどの上着は入る前に脱いでおく


冬場に冷え込んでいる時期になると、スーツの上にコートを羽織っていくことも
多いはずです。玄関に入る前にコートは脱いで、手に持ってから玄関に入って
挨拶を交わしましょう


携帯電話を切っておく!


「ワタシたちの結婚をお許しください」といった重要な話をしているときに
携帯電話が鳴ったら、かなりサムいです。それがまた着メロで笑天のテーマだったり
したら最悪ですね^^;


玄関げクツを脱ぐときの注意点


玄関でクツを脱いだらつま先を入り口側にしっかりと向けて直します。
そして忘れがちですが、クツは隅っこのほうへ、そっと移動しておきましょう


お茶とお茶菓子を出されたときは


まず確実にお茶とお茶菓子が出てきます。そのときお茶は片手でゴクゴクと
飲まずに両手でお上品に飲みましょう。お茶菓子もあまりバクつかないように
気をつけてください


子供じゃないので、元気だな〜なんて思ってくれませんよ^^


両親の前では「さん付け」で呼ぶようにしましょう


普段はお互いに名前だけで呼び合っていても、両親の前では「さん」つけで
呼ぶことをオススメします

お互いの両親の顔合わせ


正式に結婚が決まったら、お互いの両親を顔合わせしてもらうための、
お食事会を開きます。友人で実際にあった話ですが、ここでお互いの両親が
大ゲンカとなったということもあります


その後、仲直りして事なきを得たのですが・・・


会食


お互いの両親のデータをさりげなく提供しておく


お互いの両親の趣味や好みが全く違う場合もあります。すると話が全くかみ合わず
なんだかしっくりと来ないまま終わることになるでしょう。お互いそんなに仲良くなる
必要はありませんが、たびたび会話が止まるのは避けたいからですね


ただ注意点として「こんな話をしてくれ」と言っても、まず間違いなく
ぎこちない会話となるので、データを提供するぐらいに抑えておくようにしてください
別にプロの役者、司会者というわけではありませんからね


食事の会場は実際に食べに行ってみる


ムリにすることは無いと思うのですが、お互いの両親が食事をするための
レストラン、料亭などを二人で事前に食べに行って確認しておきます


美味い料理が出てくるのか?お互いの両親が好みそうなメニューかなど、
お互いデートの晩御飯のついでなどに食べに行ったら、そんなにメンドウでは
無いはずです


服装などについては両親への挨拶と一緒


男性は失礼の無いようにスーツに白シャツ、もしくはブルーのシャツ、女性はスーツ
でも良いし、違っても良いが失礼のない格好でいくことですね


クツを脱いで座敷に上がる場所をとっていた場合、女性が長いブーツなどを履いて
いくと、脱ぐとき手間で焦ることもあるのでヤメておいたほうがいいかもしれません


その他、服装などの細かい注意点はコチラの(((両親への挨拶)))で確かめて
おいて下さい

婚姻届の提出の手順


婚姻届


婚姻届を提出した日から法律的に「入籍」というカタチになります
夫婦二人で届けに行くのが普通ですね


婚姻届の提出できる場所


婚姻届を提出する場所は自分たちが住んでいる現住所、もしくは自分たちの
本籍地となりますね。どこでも提出できるわけではありません。結婚するときに
初めて知りました^^


婚姻届を提出するときに必要な書類


婚姻届は当然として、戸籍妙本と二人の印鑑ですね。印鑑は修正時に必要と
なるので、一応持っていったほうがいいですね。ワタシたちは恥ずかしながら
コレで一度、家に戻ることになりました^^;


婚姻届を出すまでの手順


まずは市役所などから婚姻届を貰ってきます。戸籍妙本も必要なときは
取り寄せるわけですが、これがけっこう時間かかります。一週間ぐらいは
見ておいたほうがいいですね。


なんにしても早めに準備しておくことが一番です。その後、全ての書類が揃ったら、
承認を二人用意して署名と捺印を貰います。両家の父親からしてもらっておけば
特に問題は無いでしょう


全てが書き終わったら、自分の希望する日に役所に提出しに行きます。
芸能人でもよく見ますが、彼女の誕生日などよく聞きますね。あとは大安の日を
選ぶ人はいまでも多いです。これは親からうるさく言われました


婚姻届に書きこむ内容がわからなかったときは、役所の人に直接聞くなり、
電話で聞くのが最もミスが無くて確実でしょう。もしミスがあったとしても、
訂正印を押せばOKなので大丈夫です


オマケのマメ知識


婚姻届って365日、24時間いつでもOKなんですね。知っていましたか?
ワタシは裁判について扱っている某バラエティ番組を見ていて、そのことを
初めて知りました。まぁ普通は昼間に行くと思いますが・・・


あと代理人に頼んで提出してもらうことも出来るようですが、これから二人で
歩んでいく第一歩を誰かに任せる人のほうが居ないでしょう。よっぽど考えられない
ようなトラブルがあったら別なのかもしれませんが・・・

結納の手順


結納


最近の結納は昔に比べるとはるかにラクですね。昔は仲人をたてて、
仲人にお互いの家に行ってもらったりして大変だったのですが、
最近では仲人が間に入ることはほとんどありません。


略式結納とも言われています


関東式と関西式について


関東と関西で結納のやり方が大きく変わってきます。他にも
地域ごとの違いがあるので、遠距離恋愛といった場合、お互いの
地域のしきたりを知り、そこに合わせてやっていくことが重要です


ちなみに大きく分けれる関東式と関西式についてですが、これは関東式だと、
男女供に結納をします。そして関西は男性側が女性側に結納を贈るだけと
なっています


両家の結納に対しての考え方をキッチリと聞いておく


お互いの住んでいる場所が大きく離れている場合、地域性を含めても結納に
ついての考え方は少しずつ変わってきます。結納金にだすお金の金額なども
変わってくるので、お互いが結納に納得できるようにしましょう


住んでいる場所が両家供に近い場合は特に問題はありませんが、一応聞いて
おくほうがベストでしょう。どれだけしきたりを重んじているのかというのは
これは各個人の家庭でかなり異なる場合があります


結納の正式な日時を決める


お互いの家がもっとも都合の良い日付と時間帯を選んでいきます
特に問題は無いでしょう


結納の場所を決める


ウチの場合は関西式だったので、新婦側の家に直接訪れました。
他のみんなも同じようなカタチにしているのですが、関東の場合は
ホテル、料亭などに集まり、やるケースも多いようです


あと、両家の実家が離れている場合はお互いの家の中間の地域で
行うこともあるようですが、周りでは聞いたことが無いので参考例は
出せません


結納品の品数と値段


冠婚葬祭を扱っている店に行くと、結納品のセットが売っています。
それで済ませるのがラクですね。特に関西式だと片側だけなので
品数などを合わせる必要が無いです。


関東式の場合は両家が結納品を出すので、そこに値段の差が
ありすぎると両親が気分を害する場合があるので、気をつけて
おきましょう


あと結納品は二人が別れないように品数は奇数にしなくてはいけません
3品、5品、7品、9品というカタチですね。正式には9品のようですが、
ちなみにワタシは3品でした^^


お互いに渡す場合は品数を合わせるのが一般的ですが、
女性のほうが少ないといった地域もありますね。あと要注意なのが
目録です。目録は関東のほうでは一品に数えるのですが、
関西のほうは一品に数えません


目録について


目録は結納品の品数と種類、結納金の金額などを書き込む用紙です
目録の書き方は地域ごとに細かく違ってくるので、結納品の表記方法など
親と相談しながら書いていくのが一番確実でしょう


目録以外で必要な書類


親族書、家族書類、健康診断書といった三種類あります。ただ最近では
省略されることがほとんどですね。よっぽどしきたりを重んじる
トコロだけでしょう


親族書には結婚した家族の三親等までを記入
家族書には本人と同居している家族だけを記入します
健康診断書は提出を求められたら提出しましょう


結納品を受け取った後は?


結納品を受け取った後は、床の間などに飾っておきます。その後、
食べられるモノは食べてしまい、あとはしまっておきます


結納金の金額について


結納金は月収の2倍ぐらいと言われていますが、
ワタシの周りでは3倍ぐらいの100万円ほど渡すケースが多かったですね。
ただ年齢が低いと100万円はつらいので50万円ぐらいが相場だと思います。


ただコレも地域ごとで基準が異なるので、周りの人間に相談する
ことを忘れないでおきましょう


結納返し


結納返しについてですが、ウチは関西なのでやらなかったです。
周りの友人たちも誰もしていません。しかし関東のほうでは結納返しが
当たり前となっているトコロが多く、結納金の半分を返します。


「半返し」というみたいですね


あと結納返しは現金よりもカフスやネクタイピンといったモノで
返すことも多いみたいですね


結納当日に着ていく服装について


男性が着ていく服装は黒のスーツを着ていけば問題ありません。ただスーツならば
何でも良いというわけではないので、リクリートスーツは避けておいてくださいね
見た目的にもピシッとなるモノを彼女と選びに行きましょう!


女性が着ていく服装は振袖か落ち着いたカンジのワンピースが一般的ですね。
ちなみにウチのヨメは振袖でした。成人式しか着た事が無かった振袖を着ることが
出来るチャンスと言って喜んでいました^^


両親が着てくる服装も基本的には同じですが、ひとつ注意点があります。
主役である二人よりも目立つ高級な服装は避けるようにしてください
結婚式で白のタキシードを着ていく人はいないですよね?

婚約指輪


婚約指輪


指輪を渡す人が圧倒的に多いため「婚約指輪」が普通と思われていますが、
別にこれは婚約記念品と言って、婚約指輪でなくてもけっこうです。


あと絶対に渡さなければいけないわけでも無いのですが、
まずほとんどの人が渡します


自分も含めた周りの人間も全員が指輪を贈っていますが、
なかにはペアの腕時計を贈るケースもあるそうです。
基本的に常に身に着けているモノを選ぶようですね。


「エンゲージリングとマリッジリングの違いって何?」


エンゲージリングが婚約指輪のことで女性だけに贈るけど、
マリッジリングが結婚後にお互いが常に身に着けている
指輪のことですね


どんな婚約指輪を選べばいい?


婚約指輪はダイヤモンドがついているのがやっぱり一番人気が
高いようですね。最近では外にボコっと出ているわけではなく、
指輪の内側に埋め込まれていたりする
シンプルなタイプの婚約指輪が流行っているそうです


ワタシの場合はプラチナとチタンが重なっている指輪を選びましたが、
ヨメさんはゴールドとプラチナと内側にダイヤモンド入りでした。
チタンとゴールドの色以外、ほとんど変わりませんが、
値段は倍以上違います(笑)


あとはダイヤモンドじゃなくても誕生石をつけた指輪も
流行っているようですね。彼女が産まれた誕生日の月に合わせた
誕生石をつけた婚約指輪を贈ります


婚約指輪の値段


婚約指輪(エンゲージリング)は、ぶっちゃけ見につける機会が
婚礼の儀式と結婚式までだけなので、安く済ませるケースが増えています。
一生で数回しか身に着けないモノにお金はかけるのはちょっと・・・って
カンジですね


代わりの結婚後、いつも身に着けているマリッジリングのほうに、
お金をかけるケースが増えています。ワタシたち夫婦もそうしました。
エンゲージリングは自分が6万円、ヨメが8万円だけど、マリッジリングは
自分が20万円、ヨメが50万円しています


あとは婚約指輪を入れる箱が意外と高くて、一万五千円ぐらいしました^^

わからない部分を調べる

無事に結納、婚約といったことも済ませたら、次は結婚式の
準備に入ります。ブライダルプランと呼んだほうがわかりやすいでしょうか?


といっても、結納をやってからでもなく、それ以前から式場探しに
行動を起こしている人のほうが多いですね。別に必ず結納の後から
やらなければいけないわけでは無いのと、ワタシの場合は
友人からのアドバイスでそうしました


「絶対に早めから動いておいたほうがいい!」ってね^^


まずはわからないことを調べて知ることからはじめましょう!

調べる

結婚している友人にアドバイスを聞こう!


結婚式を挙げたことが無い人間よりも、実際に結婚式を挙げている
人間のほうが詳しいのは当然です。なかには大失敗をした経験を
持っている人もいました。


そのような経験からくるアドバイスは本にも載っていないので貴重です


オススメなのは「ボイスレコーダー」を持っている人であれば、
それを使って友人に会って、アドバイスを録音してくることですね。
かなり助かるはずです。


話を聞くだけでは一晩経ったら忘れているので・・・
改めて聞くと「忘れてた〜〜〜!!」ってコトが出てきたりします


特に友人の結婚式に参加したことがあり、その結婚式が素晴らしい
完成度だった場合は、絶対にアドバイスを聞いておきましょう。
素晴らしい結婚式ほど、目に見えないところで工夫をしているモンですよ


聞いてみれから「なるほどね〜」ってうならされる内容は多かったです
まさに結婚式の舞台裏ってカンジでした


両親にアドバイスを求める


結納については絶対にアドバイスを求めることをオススメします。
というか、わからないことが多すぎて、自然とアドバイスを求めている
でしょう。なんせ結納は地域ごとに違いが大きいので・・・


ただ、あんまりでしゃばられると、イライラして困るんですけどね
ヨメさん側は我が娘のために父親が張り切りすぎて、次から次へと
勝手に提案をしてくることも多いです


ただ、その気持ちも充分伝わってくるので、何も言いませんでした^^


本やインターネットから情報を集める


本屋に行けば、結婚式の挙げ方!といったようなHOW TO本は
山ほど置いてあります。「冠婚葬祭」といったコーナーが出来ていたり
しますね。ここでひとつ注意点として、中古本屋で探してくる場合です


中古本屋だとかなり古い本が置いてあることも普通です。
ぶっちゃけ10年前の本とか全く参考になりません。結納ですらいまでは
仲人をたてない「略式結納」ですしね
結婚式に対する考え方も年代と供に変化しているので、出来る限り
新しい本を選ぶことにしましょう


ナイトウェディングといった夜の結婚式といった素晴らしい結婚式も
古い本だと乗っていませんしね


インターネットから情報を集める


インターネットから情報を集める点で、もっとも助かるのは
「掲示板」です。実際に結婚式を挙げた人からアドバイスをしてもらうと
かなり参考になります


たとえばヤフー知恵袋とかは使えますよ!
地域ごとに分けた結納に対してのマナーも参考になりますね


ブライダルプランをノートにまとめる


ブライダル雑誌を見たり、インターネットで情報を探したりすると、
どれもこれもが素晴らしく見えてきて、やりたい結婚式がまとまらなく
なってきます。そのままズルズル時間が過ぎるとあとが大変です^^;


結婚式とひとことで言っても、その種類はさまざまです。
どこで挙げるのか?費用はいくらまでなのか?式の種類は?
ウェディングドレスの種類は?といったように決めなくては
いけないことは盛りだくさんです


よって、ブライダルプランをノートや表にまとめることで、
実際に挙げる式のプランを固めていきます。まとめることでより
スムーズに決めることができます

結婚式の種類


結婚式


・キリスト教式・神前式・仏前式・人前式


大きく分けると以上の4つとなりますが、最近ではほとんどが
キリスト教式ですね。やはり結婚式というとウェディングドレスを着て、
バージンロードを歩く姿にあこがれている女性のほうが多いですからね


ちなみに一番安上がりで済むのが仏前式です。
なにせ必要なモノが少ないので・・・


キリスト教式、神前式だと、司会、ピアノ演奏者、ゴスペルを歌う人
といった人に依頼する分、どうしても費用がかさんでしまいます


ハウスウェディング、レストランウェディングが人気高い


最近の結婚式の傾向として、形式重視でお堅い式よりも、
自由度が高くて自分たちで作っていくオリジナルウェディングの
人気が高いです


すると大きい結婚式場よりも、レストランやハウスウェディング
のほうが自由度が高くて、好まれるということですね。ワタシたちは
ナイトウェディングにしましたが列席の人たちからは、
かなり好評だったようで、ホッとしています^^


とにかく結婚式のカタチにも自由を求めている人たちは、
どんどん増えています。海外で結婚式を挙げるという話を耳にするのも
普通になってきました


そういった自由度が高くなると、人前式のカタチを使う
カップルも多いです。なんせ自由度が高いうえに、友人たちとおおいに
盛り上がるからですね


自由度が高い結婚式をしたいのであれば、式場選びが重要となります
そういった自由度が高い式場を選ばないとどうしようもありません

結婚にかかる費用


結婚式


全てを合わせると、ザックリですが400万円〜500万円ぐらいに
なるでしょう。結納から結婚式、ハネムーンまで全て解決してからですね


ただ、結婚式の費用に関しては「これぐらい必要」というよりも
「自分たちがどれぐらいの金額で終わらせたいのか?」という
視点で考えたほうがいいですね


たとえばまだ若くて貯金が少ないカップルが
「周りも400万円ぐらいかけているから自分たちもそれぐらいにしよう」と
ローンを組んでまで高い結婚式を挙げる必要は無いと思います。
親から全部出してもらうのもイマイチですしね


友人の中ではできちゃった結婚で全くお金が無い人間は
仕方が無いので、親からお金を出してもらっていましたが、
きっちりとその後は回収されていました^^


これから結婚して二人で新しい旅立ちを迎えようとしているのに、
いきなり借金を背負った状態でスタートはあまり歓迎できません。
だから平均費用というモノは全く役に立たないので載せません


ハッキリ言って全員全く違いますからね。
300万円ぐらいの友人も居れば、自分たちの手作りウェディングで
100万円で終わらせた人もいる。ジミ婚で結婚式には一切お金を
かけなかった友人もいます


逆に参加したワタシが逆に居心地が悪くなるぐらい豪勢な
結婚式を挙げた友人もいます。二人ともがかなりのお金持ちだったため
列席者がメチャクチャ多くて、それの影響がデカイですね。
あんなに広い会場での結婚式はもう参加することは無いでしょう^^


あと地域ごとに結婚式に対する価値観が変わってきたりします。
特に名古屋はものすごくお金をかける傾向が強いですね。
ローンを組んでも贅沢な結婚式を挙げると評判でした。
最近は普通になってきているようですが・・・

結婚式費用のアドバイス


結婚式の会場に行って、式場の関係者と結婚式の費用について
相談するわけですが、そのときに費用を抑えるコツがあります。
やり方はいたってカンタン


「先に一番高い金額を聞く!」


普通は一番安い金額から聞きたくなるモノですが、
結局あれよこれよと、次々にオプションがついて値段が上がっていきます。
するとほとんど向こうの言いなりになってしまい、いつの間にか想像よりも
高い金額を払うことになってしまいます


式場の人に主導権を渡してはいけません(笑)


よって、まずは高い金額から聞くんですよ。先に天井を知って
おくのです。そしたらあとはそこから自分たちが納得できる費用と
オプションのバランスを合わせていきます


ただ最初は間違いなく「いや〜上を見たらキリが無いですよ」と
言われるので、自分たちがやりたいと考えていることを全て話して、
それら全てを最大限でしたらどれぐらい費用がいるのか?
と聞くわけです


よって、何も知らない、全く無知の状態で結婚式場に行くということは、
それだけで向こうのいいなりにお金を出すハメになります。


お金に糸目をつけないのであれば問題ありませんが、
そのような人のほうがはるかに少ないでしょう。ひとつひとつにかかる
値段などをしっかりと調べて友人のアドバイスを聞いて、
ある程度カタチを決めた後行きましょう


参考とする雑誌は個人的にですがゼクシィなどはオススメですね

交渉

婚約後に破談した場合


婚約通知状


結婚式が決まった後、婚約披露パーティを開いていたり、
婚約通知状を出した後に破談となってしまった場合、
「婚約解消通知状」を出さなければいけません


婚約通知状、婚約披露パーティとは?


婚約通知状とは、自分たちが婚約したということをハガキに書いて、
友人たちに送ることを言います。書く内容については特に難しくありません
カンタンなあいさつと婚約したという事実を書くだけです


似たようなモノで「婚約披露パーティ」というモノもありますが、結婚式を
挙げない人が友人たち同士で集まる小さい披露宴みたいなモノですね


ワタシの周りでは両方ともやった人はいません。全員が結婚式を
挙げているので、わざわざする必要が無かったんですね


ただ・・・結婚式前日に破談となったという、まるで作り話のような
展開はありました。高校生のころから10年以上付き合ってきた
カップルだったのですが、両家の親の仲が非常に悪く、
それが前日に破談という展開を招きました


それでもムリヤリ結婚しても良かったのですが、これから先が
大変だろうということから二人とも、泣く泣く別れたそうです。
いまでは二人とも新しい相手を見つけて、素晴らしい家庭を築いていると
聞いてホっとしたモンですよ


このように両家の親の仲が悪いというのは、けっこう深刻です。
結婚してから姑から苛められ続けたヨメさんがストレスから加呼吸となり、
救急車で運ばれたこともあります


マスオさん状態だった友人はストレスから髪の毛が抜けて
頭がハゲました。結婚してから一生問題に振り回される前に
決断したことは良かったのでは無いのかと思っています。


まぁ現在が幸せだからいえることですが・・・


二人が破談したときは、列席予定者におわびの電話が回った後、
あとで婚約解消の通知状が届きました。あとはお詫びの商品券が
ついていましたね。両家とも、さぞ大変だったでしょう


式場のキャンセル料はお互いで折半というカタチで決まったそうです

準備にかかる時間


時計


無事に結納や婚約の儀式を済ませた後、ジミ婚のカップル以外は
結婚式を挙げることになるわけですが、その準備には時間を
かけたほうがいいですね


基本的には半年〜一年ほど前から準備をしていくことになるでしょう。
なぜならばそれぐらい前からじゃないと、式を挙げたい日がすでに予約で
取られていて挙げられなかったりするからです


大体、みんな土日祝日、さらに吉日を選ぼうとするので、
結婚式を挙げる日が自然と重なってくるんですよ。さらにシーズンが
絡むとかなりシンドイです


6月のジューンブライドや11月は人気が高くて予約は取りにくいです


できちゃった結婚だと急がなくてはいけない


普通の結婚と違い、できちゃった結婚の場合は半年後といった
悠長な時間がまるでありません。いますぐ動き、出来る限り早く式を
挙げなくてはいけません


新婦のおなかの中の赤ちゃんが大きくなってくると色々と大変だからです


最近では結婚するカップルのうち4組に一組ができちゃった結婚という
こともあり、式場のほうも充分に対策が取れているので安心ですが、
それでものんびりとは出来ないですね


ウェディングドレスもおなかの中に子供が居る妊婦さん専用の
ドレスとなります。いまではどこの式場でも、ちゃんと用意してありますね


妊婦には出来る限りストレスをかけてはいけないし、
準備にかける気苦労は新郎にとって、かなりのモノとなるでしょうね^^


ただ子供が出来たことに気がつくのが、かなり遅かった場合などは
婚約だけ結んでおいて、産まれた後に結婚式を挙げるという
カタチもあります


あとは若すぎたときは、やっぱり式を挙げることが出来ずにジミ婚で
終わらせた友人もいましたね。二組ほど・・・

平日に式を挙げると?


平日イメージ


実はワタシたちは休日でも祝日でも無い、平日の金曜日に
式を挙げました。しかも半年どころか3ヶ月しかなかったのですが、
その期間でムリヤリ決めていきました。スピード結婚というヤツですか?


別にできちゃった結婚だからというわけではありませんが、
どうしてもヨメが28歳の誕生日が来るまでに結婚式を挙げたいというので、
自然とそのようなカタチになりました


しかし最初は・・・「それはムリだろう?式場も空いてないんじゃない?」と
僕は言いました。普通は半年ぐらい時間をかけるモノですからね


そしたらヨメが「平日に結婚式を挙げたら大丈夫」と言うわけです。
そのとき初めて平日に結婚式を挙げれるんだということを知りました(笑)
なんせ、それまで参加してきた結婚式は全て土日、祝日だったので・・・


列席できない人が続出するのでは無いのか?


平日に結婚式が挙げられることはわかったのですが、真っ先に出てきた
不安は「平日だとみんなが集まるのに大変だろう?」ということでした


周りは社会人ばかりだから当然みんな仕事をしている。
全員に休みを取って出席してくれとは、正直かなり頼みづらい・・・


するとヨメは「ナイトウェディングだったら解決できる」と言いました。
ナイトウェディングとはそのまんまですが、夜にする結婚式のことですね
夕方の5時半か6時から式をスタートします


ナイトウェディングについては、コチラのサイトが参考になると思うので
興味がある方はコチラをご覧下さい。
※ナイトウェディング〜夜の結婚式〜


そしてワタシたちは次の日が休みである金曜日を選んで、
夜の結婚式を挙げましたなかなか評判も良かったらしく、
ホっとしました


けど、やっぱり半年前ぐらいから動いたほうがいいですよ。
ハッキリ言ってかなりしんどかったです。仕事の休みの日も一日中
つぶれていました。


正直、疲れてブルーになることもありましたね


全ての準備が済んで余裕が持ったタイミングで開ける結婚式が
やはり一番良いのではないでしょうか?

式場の下見


結婚情報雑誌や周りの友人たちの意見を参考にいくつかの
結婚式場の候補が上がってくることでしょう。すると次は自分たちで
足を運んで実際に目で見て、式場のスタッフと話し合い
結婚式場を決めていきます


結婚式場


実物と写真が全然違う


雑誌に載っている写真を見て「ここステキ」と思って足を運んでみたら、
なんかイマイチ違うんだけど・・・ということもあります。逆に思っていたよりも
全然良いということもありますね。


希望の式場を最初っからひとつに絞るのはヤメておいたほうがいいです
3つ〜5つぐらい候補を出してみて、全てに足を運んで確かめていった
ほうがいいでしょうね。中にはしつこく勧められる結婚式場もありますが、
そのときはキッパリと断っておきましょう


スタッフが気に入るかどうか?


結婚式場のスタッフは結婚式の準備が全て終わるまで、
結婚式に関しては自分たちのパートナーも同然のわけです。


よって、結婚式場は良くてもスタッフが気に入らなかったら
結婚式までの段取りがスムーズに進まなかったりするので、
かなり重要なポイントのひとつですね


雑誌と違い、友人たちのアドバイスの中にはスタッフの
感想も出てくるので、実際にその式場で結婚式を挙げたことがある
友人からの意見は、かなり参考になるはずです


自分たちがやりたい結婚式ができるのか?


最近は自分たちで作り上げる結婚式が普通になってきています。
オリジナルウェディングといわれていますね。そこで自分たちが
やりたいような結婚式ができるのかどうかを確かめなければいけません


リゾートウェディングを挙げようとしたらリゾートウェディングで
挙げないといけないわけですしね


会場に何人まで入ることができるのか?


たくさんの人数を呼ばないといけないときは広い結婚式場、
少ない場合は少ない人数でも最適な結婚式場を選ぶのは
あたりまえです。まさか参加者が立ち見と言うわけには
いきませんからね^^;

料理は迷わず奮発する

自分たちが結婚式を挙げるとき、最初からひとつだけ決めていた
ことがあります。それはみんなに出す料理だけは最高級のモノに
しておこうということです


あ、もちろん一般的なレベルの最高級ですよ。芸能人の結婚式とかは
全く違うと思うので・・・


料理


結婚式の後、一番出るくるグチが「料理」


結婚式に行くと、自分も含めてほとんどの人が
「ステキな式だったよ」と言います。なかにはとびっきりステキな
結婚式もありました。しかしその後に続く言葉があります


「・・・けど、料理はイマイチだったな」


これがまたほとんどといってよいほど出てくるセリフです。
ご飯がまずかったら、まず確実に陰でグチを言われていると思って
もらっても過言じゃありませんね


それを知っていたので、披露宴の料理だけはお金を奮発しました。
ひとりあたり15000円のディナーコースでしたからね


まぁそれでも誰かはグチを言っているのかもしれませんが、
少なくとも普通よりは少ないはずです


自分たちが主役だからと料理の値段をケチる人は多いですが逆ですよ
値切るところは「装花」といった花代などのほうがマシです。だって花なんて
見えるトコロにありすぎて、気にしていない人のほうが多いですからね


ちなみにナイトウェディングだと、この装花代をかなり小額で
済ませることが可能でした。なんせ夜だったから、いくら良い花を飾っても
見えないんです。


見えるトコロだけと、後は電飾によるイルミネーションでした^^


来る人に合わせた料理を出す


料理の種類は大きく分けて三種類。洋食、和食、中華の三種類ですね
若い人と年配の方で味の好みが変わるので、列席者の年齢を考えて
選ぶのが良いでしょう


そこそこ年配の方が多いと中華のように脂っこいモノよりも、
和食でさっぱり、若い方が多い場合は逆に中華のほうが酒も
進み食べやすかったりします。
あとは甘いデザートも年配の方はちょっとキツイですね

結婚式の招待状を送る


自分の結婚式に結婚式の招待状を送ります。
友人、知人、職場の上司などですね
出来る限り親密な関係の人間に参加してもらったほうが良いでしょう


この人数とお互いの関係などから人数を調整していくわけですが、
けっこう時間がかかりますね。気も使うし、準備の中では
大変な作業のひとつだと思っています


結婚式の招待状


新郎新婦で来る人の人数を合わせる


たとえば全部で50人参加するとして、新婦側が30人、新郎側が20人
とかだとバランスが悪くてイマイチかっこがつきません。
これはその後の結婚式の二次会でも同じことが言えますが、
出来る限り近い人数に合わせたほうがいいかと・・・


ただ、本当に身内だけで少人数でやるといった場合は別ですけどね
そのときは格好も何も関係ありません


呼ぶ友人の中での関係


友人A君と友人B君を呼んだが、その二人は非常に仲が悪いと
いった場合、座っていても気を使って、どことなくぎこちないカンジに
なります。あとは全員が全く知らない友人同士というパターンですね


逆に友人を5人のうち一人だけが知り合いじゃないとか言った場合、
そのひとりは正直メチャクチャしんどいと思ったんですよ。


だからワタシは全員が顔見知りで気を使わずに参加できる友人たち
だけで固めました。気分的にはかなりラクだったと思いますよ^^;


若いときは祝儀の値段も覚悟しておくこと


結婚式に包む祝儀の相場は、地方によっても変わるかもしれませんが、
大体3万円だと思っています。


しかし若いうちにできちゃった結婚をすると、この祝儀の3万円が
無かったりして、祝儀が集まらない場合があります。自分の友人で
高校のときにできちゃった結婚をした友人が居たのですが、
友人たち全員ビックリするぐらい祝儀が少なかったみたいです


高校生で3万円を持っているほうが大金であり、みんなそういった
マナーとかまだピンと来ていなかったんでしょうね・・・


友人の場合、まずは電話で式に来られるかどうか確かめる


ワタシは結婚式に誘われたら、いまのところ100%出席していますが、
確実に全員が参加できるというわけではありません。海外に出張中で
とても一時帰国が出来る状態じゃないとかですね


自分の友人でもひとり本気で歌の道でプロを目指しているヤツがいる
のですが、そのオトコは運悪く、もっとも大事な日に自分の結婚式と
重なることで、来ることができませんでした。


しかし事前に電話して「その日はどうしてもムリ、すまない」と
聞いていたので、計画的には全く問題がありません。
ワタシも彼の夢を応援していたし、本当にその日は大事な日だと
知っていたので何の問題もありません


これが「アイツは親友だから絶対に参加してくれる」と思って、
イキナリ招待状が送られてくると、送られてきたほうも非常に断りにくいし、
断られた人数が多くなるほど後々にパニックを起こすことになります。
また決めなおしですからね


以上のことから絶対に事前に確かめておくことをオススメします


招待状は二ヶ月ぐらい前には送ったほうがいい


招待状は出来る限り早めに送っておいたほうが問題が少ないはずです
もし断られたときもまだ時間に余裕があるので、他の人を探すことが出来るはず
ですからね。もっとも上で述べたようにあらかじめ電話で確かめておいたら
特に問題は無いと思いますが・・・


あと招待状を業者に注文してから出来てくるのに、意外と時間がかかる場合も
あるので招待状自体はもっと早めから用意しておいたほうが良いでしょう

引き出物を選ぶ


引き出物


軽くてかさばらないモノを選ぶ


引き出物は軽くてかさばらないモノを選ぶようにしましょう。
結婚式の当日が雨だったりといった悪天候な場合、引き出物が
重かったりするとシンドイですね。
大きなモノだと、その後の二次会の移動時にも大変です


遠方から来ている場合、車の中といった場所に置いておけなかったり
するので、二次会の時間までは駅のロッカーに入れたりできる
大きさのほうが助かりますね
二次会がはじまったら会場のクロークなどに預けておけばOKです


いくつあっても困らないモノを選ぶ


引き出物はいくつあっても困らないモノを選ぶようにしましょう。
ティーカップ、お皿といった食器類は喜ばれます。
ただし!自分たち二人のイニシャル入りとかはヤメておきましょう。
もっともイヤがられる引き出物です


ズバリ!人気があるモノは何か?


食器類、高級なお菓子などは安定した人気があります。
しかし一番オススメなのは「カタログ型ギフト」ですね。最近では
ワタシもはじめ、他の友人たちもほとんどがこのカタログ型ギフトに
していました


理由としては多くのモノの中から好きなモノを選んでもらうという
カタチから人それぞれで自分が欲しいモノが選べるからです。
渡す側としても安心できますね
ちなみにこのカタログのバリエーションも結婚式場によって違うので、
選ぶ際ひとつの目安にはなりますね


絶対にヤメておいたほうが良い引き出物


一度言いましたが、イニシャル入りは最悪です。貰った人が使いづらくて
仕方が無いです。あとは重いモノ、何に使えば良いのかわかりにくい
実用性が低いモノですね


夫婦にひとつ?一人につきひとつ?


引き出物を夫婦でひとつ渡すのか、一人につきひとつずつ渡すのかは
かなり悩みました。地域性もあるうえに、周りの友人たちに聞いたらみんな
違うんですよね。ひとりずつ渡した人もいれば夫婦でひとつだった人もいる


結局わからなかったので、ひとりひとつずつにしましたが、
家族や友人たちに聞いて、意見が多かったほうを選んでいけば確実でしょう。
あとは一人ひとつ渡すかですね。それが一番確実ですが、
その分お金はかかります^^;


引き出物の金額について


引き出物の金額は4000円〜5000円程度のモノに落ち着きます。
カタログギフトもそれぐらいの中から商品が選べるようにしました。
あとは引き菓子に2000円ぐらいですね


これはどこでもそんなに変わらないので、あまり気にする必要は無いでしょう

花嫁衣裳と花婿衣装


ウェディグドレス


両親の希望を聞く


結婚式は自分たちのためにというか、ヨメさんがウェディングドレスを
着たかったとかでやっていると思っているかもしれませんが、
その姿を一番見たいと思っているのは「両親」に他なりません


実はワタシたち最初はジミ婚で終わらそうとしていたのですが、
ウェディングドレス姿を見たいとヨメさん側の両親が言うのできちんと
やることになったという経緯があります
これはまずほとんどの家のご両親が同じように考えているでしょう


よって、ウェディングドレス選びも向こうの母親の希望をだいぶと
盛り込みました。和装を入れるつもりは無かったのですが、
衣装替えの項目に入れましたしね。


その姿が両親にとっての恩返しになるので、いいかなと思ってなるべく
希望は入れるようにしていました


値段とのバランス


両親の希望通りにすすめていったら、エライ金額のドレスばかり
だったので、さすがにこれはいけないと思い、色々と考えました。
レンタルといってもビデオを借りるわけでは無いので
けっこうな金額はします。6万〜12万ぐらいですかね?


もちろん上を見たらキリが無いのですが・・・


ウェディングドレスはスカートの後ろが長くなるほど高くなります。
ワタシの友人が「ヨメがモスラみたいなの選びやがってよ〜」って、
グチをこぼしたときは、かなり笑った記憶があります^^


あとレンタルと買い取りについてですが、あまり高いモノでなければ、
実はそこまで値段が変わらなかったりします。レンタル8万円、
買い取りだと11万円といったカンジです


それでせっかくだしと買い取りにした友人がいます。しかし・・・


「置いとく場所に困る!!」


まぁ当たり前ですね。元でもかなりかさばるモノなうえに汚れやすく、
これから先二度と着ることが無いわけです。もし離婚して再婚するとしても、
また同じのを着ようとは思わないはずですからね^^


自分に似合うカラードレスを選ぶ


新婦の衣装替えで白のウェディングドレスから
オレンジやピンクのドレスに着替えるわけですが、どんな色でも似合う人
なんていません。もっとも自分に似合う色を選んでいきましょう。


ウゥディングドレスを何度も着替えて、ダンナさまと一緒に似合っている
のかどうかを確かめていきましょう。ちなみにここで式場の人はあんまり
信用できません。


お客さんにそれは似合って無いって言えるわけが無いですからね^^;


ここでダンナがテキトーだと似合わない色のカラードレスを
着ることになるかもしれません。気をつけましょう


女性の衣装、ウェディングドレスにも色々な種類があります


プリンセスドレス、もっとも女の子に人気が高いウェディングドレス
のひとつです。スカートがふんわりとしていて、とても可愛らしく見えます


Aライン、もっともオーソドックスなウェディングドレスのひとつですね
胸元から足にかけてアルファベットのAのカタチに似ていることから
そのような名称で言われています


スレンダー型、プリンセスとは全く逆でスラっとしたスタイルの
ウェディングドレスです。背の高くてスタイルの良い人が着ると
抜群にキレイですね。他のドレスよりもかなり大人びて
見えるところが特徴的です


マーメイドタイプ、名前のとおりですが、見た目が美しい人魚のような
カタチをしていることからそのように言われています。膝の辺りまでは
カラダにピッタリとしてスレンダーなのですが、膝から下だけフワっとして
人魚のヒレのようになっています


ショートレングス、いままで自分たちを含めて、周りの結婚式では
一度も見たことがありません。普通のウェディングドレスよりもはるかに
短いスカート、膝ぐらいですね


かなりカワイイと思うのですが、やっぱりすそが長いドレスのほうを選ぶ
新婦さんが多いということでしょうね


ちなみにウチのヨメは試しに着ていましたが、やっぱり気に入らなかった
ようです。どうもウェディングドレスっぽく無いってね^^


振袖と白無垢、和装をして欲しいという母親の頼みで着ていましたが、
白無垢はかなり頭が重いらしく新婦は非常に疲れていました。


新郎の衣装はすぐ終わる(笑)


新郎は新婦が選んだ服に合わせて選ぶカタチになりますね。
大体がモーニング、燕尾服タキシードあたりを着て終わりです。
レンタル料もウェディングドレスより安くて、5万円程度となっていますね


男性が着るであろう服の種類は・・・燕尾服、紋付き羽織袴、
モーニングコート、ディレクターズスーツ、タキシードのどれかと
なっています


お色直しの回数について


お色直しの回数ですが、基本的には一回から二回ですね。
あんまり頻繁にやると、列席者を待たせる時間が多くなるので、
少ない回数に抑えておきます。あとはもちろん
料金というモノもありますね。


お色直しの回数が増えるほど、レンタルするウェディングドレスも
増えるので、そのぶんお金がかかります。ワタシたちは二回でした。
和装とカラードレスですね


本当は一回の予定でしたが、和装を見たいという親の頼みで二回となりました


親族の衣装


親族の衣装は新郎新婦のランランク下の衣装を着ることになりますね
子供の場合は男の子は半ズボンの子供用スーツにネクタイをつけて、
女の子は可愛らしいワンピースを着ます

2007年01月25日

ブーケを選ぶ


ブーケ


ブーケ、ブーケトニアって何?


ブーケとは男性が女性に求愛のときに贈る花のことです。
和装の結婚式では使わないですが、神前式、教会式、キリスト式の
結婚式では絶対に使いますね。


ブーケトニアとはブーケと同じ種類の花で男性の襟元を飾る花の
ことを言います。ブーケトニアは投げませんが、花嫁が投げたブーケを
未婚の女性が受け取ると次の結婚というジンクスがあるのは非常に
有名ですね。


ブーケ=花嫁が投げる花と覚えている人も多いぐらいです^^


ブーケの種類について


・キャスケードブーケ、
最も一般的なブーケです。花嫁の手がスッポリ隠れるぐらいあります

・ボールブーケ、
花をボールのようにしてリボンなどで装飾してあるブーケ

・クラッチブーケ、
花束のカタチにしてあるブーケ、花の種類でガラっと変わりますね

・クレッセンドブーケ、
三日月形に作ってまとめてあるブーケ

・スリムクレッセンドブーケ、
クレッセンドブーケをスリムにしてあるカタチ

・アームブーケ、
長い茎が印象的なシンプルなブーケ

装花はどこに置く?

装飾する花だから装花なわけですがその名の通り、
結婚式、披露宴会場では、いたるところに花を飾ります。
髪飾りにも使えば列席者のテーブル、式場から新郎新婦が
降りてくるトコロをライスシャワーと花を撒く


他にも階段や司会のマイク、新郎新婦が座るためのテーブルなど
さまざまです。結婚式の費用がかなり必要となる部分のひとつですね


装花


装花を決める手順


結婚式場と提携している花屋さん(フローリスト)がいるので、
その人たちのアドバイスを参考として花を置いていきます。
わからないからと任せてしまうと至るトコロに花を置かれてしまうので、
しっかりと決めていきましょう


ぶっちゃけ花代はけっこうバカにならない値段になりますよ^^;
この装花を満足なぐらいに置けて、さらに値段をいかに抑えることが
できるのかで、結婚式にかかる費用を大きく下げることができます


ナイトウェディングで装花の値段を大幅カット!


ナイトウェディングとは夜に挙げる結婚式のことですが、
結婚式に使う花の値段を大幅にカットすることができます。
なぜならば夜なので暗いトコロの花は、ほとんど見えないんです
その代わりにクリスマスツリーの電飾のようなモノで色づけしていきます


昼間の花に全くヒケを取らないぐらい美しいのですが、
1600円の花が300円の電飾で済んだりするのでお得です。
しかも夜だからできる「花火」というとてもキレイな花を
活用することができます

結婚式のビデオ撮影


結婚式の招待状


プロに頼む?友人に頼む?


結婚式、披露宴を撮影したビデオは新郎新婦の二人にとって、
一生の思い出となる重要なモノのひとつです。撮影した映像をそのまま
年賀状に使って結婚報告をする人もかなり多いですね^^


その重要なビデオ係をプロに頼むか友人に頼むかということですが、
お金をかけてもプロの頼むほうがいいと思いますよ。
確かに友人に頼んだらタダで済むので結婚式の費用の削減となるのですが、
ミスや失敗も多いからです


ウェディングケーキをカットするところがキレイに撮影されて
いなかったりすると、かなりガックリします。あとは重要な部分を
撮りわすれたり、換えのバッテリーが足りなくなったりして
パニックになったりなど、不足の事態にも対応できません


そのようなミスをして一番ショックを受けるのは新郎新婦というよりも
頼まれた友人のほうでしょう。とても申し訳ない気持ちになって凹みます^^;


よって、ビデオ撮影はお金を払ってでもプロに頼むのが無難でしょう。
どこの結婚式場でも提携している会社があるはずなので、
わざわざ探す必要も無いでしょうね


プロのカメラマンとの打ち合わせ、リハーサル


結婚式、披露宴を撮影するプロのカメラマンに頼むと決まった後は、
プロのカメラマンと自分たちがこだわりたい部分の撮影などについて、
きっちりと話していきます


最近はお堅い結婚式を避けて、自分たちオリジナルのウェディングを
挙げるカップルが多いので、結婚式のプランや進行も当然オリジナルと
なってきます。


そのようなプランをカメラマンが何も知らない状態だったらプロでもミスをする
確率は高くなります


事前にしっかりと綿密な打ち合わせをして、より素晴らしい作品を
仕上げるための努力をしておいてくださいね^^

司会と受付を依頼する

結婚式の司会


司会者を頼むのは友人かプロか?


司会者を友人に頼む場合は基本的に新郎側の友人から選ぶようですが、
もうこれはハッキリ言って、絶対にプロに頼んだほうが良いです。
一度、友人が引き受けた結婚式に参加したときに絶対プロに
頼もうと決めたモノです^^;


本などを見ると、人前で話すのが得意で明るい人なら
大丈夫と言いますが、職場の会議室で喋るのとは全くの別物です。
理屈っぽく喋るだけでなく、会場を和ましたり、ときにはギャグを加えたり
といったアドリブは難しいモンですよ


また友人の一生の思い出となる結婚式だけあって、絶対に失敗できない
というプレッシャーは桁違いです。ギャグとかを外すとかわいそうで
見てられなくなりますね^^;


また頼まれた友人も一週間ぐらい前から緊張して、仕事中もそのこと
ばっかり考えてしまうと言って、悩んでいました。言い方は悪いですが、
お金を払って手堅く行くことをオススメします


受付係を依頼する


受付係は友人でも全然OKです。常識がある人であれば誰でもできます。
親しいうえになるべく明るい友人を選んで受付を頼んでおきましょう。
二次会のスタッフを新郎側が全てこなしていた場合は新婦側といった
アドリブは各自にお任せします


会計係、祝儀の管理スタッフ


当日の会計や祝儀の管理は一番信用できる親族の誰かに
頼むのが良いでしょう。自分の兄弟とかですね。新郎新婦側から一人ずつ
手配することをオススメします


祝儀ドロボウなどはマンガやドラマでしか見たことありませんが、
一応気をつけておきましょうね^^


祝辞を頼む 余興をしてくれる


祝辞はプロに頼むわけにはいきません。もっとも親しい友人に頼みましょう。
これに関しては特に説明は必要ないでしょう


余興に関しては友人たちから「やってあげたい」と言われたときだけ
やりますね。自分から何か余興をやってくれと言われるケースはあまり
聞いたことがありません。歌や踊りといった余興をアナタのために
贈ってくれます


当日の花嫁の応援スタッフ


結婚式の当日、忙しい花嫁の細かいフォローをしてくれる人のことですね。
これはもっとも気の許せる友人に頼んでおけば問題ないでしょう。
一応プロの介添人もいるのですが、別に大丈夫だと思います

結婚式の二次会の幹事


結婚式、披露宴は大成功で終わったのに、結婚式の二次会が
イマイチ盛り上がりに欠けて、一日が寂しく終了したというケースは
非常に多いです


なぜならば披露宴はプロの司会に頼んだら、上手いこと
場を盛り上げてくれるし、進行の手順も結婚式場のスタッフと
綿密に計画を練ってあるので万全です。


しかし二次会は基本的にど素人の友人がやります。
二次会のゲームや出し物が大コケしたり、
それ自体をやらなくて、ただの飲み会で終わることも少なくありません^^;


といって、二次会までプロのスタッフを雇う人のほうがはるかに
少ないはずです。大体、誰か親しい友人に任せるでしょう


二次会の幹事


結婚式の二次会の幹事を依頼する


結婚式の二次会はできる限りはやめに依頼しておきましょう。
二ヶ月以上前からで良いです
「まだ早いかな?」とか言っている間に会場が取れなくなるのが
最悪のケースですね。結局、会場が確保できずにショボイ居酒屋で
別々の席とか最悪です


基本的に結婚式を平日に行う人は少ないので、同じ日に何組も
同じ会場で結婚式を挙げたりします。するとその後に行う予定の二次会の
場所も同じということも少なくありません


よって、早めから準備をしておくことが必要となります。
幹事の依頼などは式を挙げると決まったら、そのことを伝えて早めから
準備を整えておくことにしましょう


特にやりがちなミスなのが「確定した人数が集まらないと会場の予約が取れない」というのが多いですね。詳しい説明はコチラのサイトが非常に参考になります
結婚式の二次会Q&A!二次会進行ガイド

ブライダルエステ


ブライダルエステ


結婚式の当日、花嫁はいつもの自分よりもキレイにしておきたい
と思うはずです。ウェディングドレスを着てみたら、ドレスを決めてから
太っていたので入らないといったら最悪ですよね?


まぁかなり極端な例ですが・・・^^;


しかし本番当日はウェディングドレス以外でも美しいマニュキア
といったネイルケアを施したり、髪型も最高の仕上がりにしたいですよね。
もちろんお肌もスベスベにしておきたいのが普通でしょう


ムダ毛を剃ったり、ガサガサになっている肌の部分もキレイにして
もらったりですね


そこで美容のプロから本番に向けてサポートしてもらうのに
エステを使ったりします。いわゆるブライダルエステですね。
結婚式場のお抱えのブライダルエステを紹介してもらえば、
実績面から見てもまず問題無いでしょう


自分で探すのはやめておいたほうが良いです。なかには
ヒドイエステもありますからね。まぁ最近ではそういった店は
さすがに無いそうですが・・・


これも食事のアドバイスとかでダイエットをしていく場合もあるので、
早いうちからの相談となりますね


新郎もアドバイスを受けて、髪型をセットしてもらったり、ヒゲをそって
もらうこともあります。さすがにムダ毛は剃らないでしょうが・・・(笑)


ヘアメイクやお化粧をしてくれる人


これはもう専門のプロに頼むしかありません。
いくらお化粧に自信があってもやはりプロがやってくれる化粧は
全然違います。髪の毛のセットの仕方、散髪なども
絶対にプロのスタッフにしてもらいましょう


どこの結婚式場でも必ずお抱えのプロがいるはずなので、
式場のスタッフから代わりに依頼してもらっておけば
何の問題も無いはずです


ちなみにワタシの友人は自分で勝手に近所の床屋で
散髪してきて、両親からえらい怒られたといっておりました(笑)

招待客が泊まる場所の手配


ホテルのロビー


結婚式には遠方からの友人も駆けつけてくれることも多いはずです。
そのときは交通費、宿泊の場所などを代わりに確保しておきましょう。
ワタシたちの場合はホテルで挙式を挙げたので、
そのまま泊まってもらうだけなのでラクでした


会場の人に頼んで、人数分の部屋を確保するだけでOKでしたからね^^


新幹線や飛行機で来てもらう場合は先にチケットを送っておきましょう。
もしくは来てもらった後に、交通費は全額負担するようにします。
基本的に交通費はこちら持ちだと思っておいてください。


ただ、友人が「いいよ。大丈夫」と言ってくれた場合はムリに言わなくても
大丈夫です。甘えておきましょう。そういったことを遠慮してイヤがる人も
いますからね・・・。


そういった場合は、引き出物をその人だけリッチにしておいたりして、
返しておくと良いと思います。あとは車で来られた方には「お車代」という
カタチで渡すことが普通ですね


媒酌人や主賓客、あと高齢の方にはコチラから車を用意して、
タクシーなどを向かえによこしたりします。場合によってはハイヤーなども
普通らしいですが、いまのところワタシの周りでは聞いたことがありません


駅からタクシーで充分じゃないでしょうか?あとは駐車場が結婚式場と
離れている場合は迎えの車をよこしたりする気配りも必要となってきますね。
その車の運転は友人で運転に慣れている人であればまず大丈夫です


まぁウチは基本的に田舎なので、駐車場が離れた場所にある
結婚式場は周りに全然無いのでピンと来ませんが、関東のほうに住んでいる
友人がそういったことがあるとアドバイスを聞いたときに教えてもらいました

マリッジブルーとは?

マリッジブルー

マリッジブルーとは、ひとことで言えば結婚への不安ですね。何せ結婚することでこれから先の人生がガラっと変わるわけです。何かのアンケートでやっていましたが男女問わず半数以上の人間が結婚前には結婚に対して不安になるそうですね


高校生や大学生が卒業後、新社会人になる前に不安になるのと似たようなカンジです。いままでの環境とは全く違うモノになってきます


また更に結婚式の準備が忙しかったり、なかなか自分の思ったとおりに進んでいかないとイラつきから、不安が増すこともあります。オリジナルなウェディングに懲りすぎて疲れ果ててしまうカップルもいるそうです。ワタシは楽しかったですが・・・


そのような不安を打ち消す一番のクスリは、すでに結婚して
幸せな生活を送っている友人からの励まし、アドバイスですね。
軽い応援の電話が一本あるだけでも非常に気持ちが安らぎます


ワタシも友人からのさりげない気配りで、フっとカラダが軽くなったような
カンジを覚えたモノですからね〜

2人で作るウェディング


「最高の結婚式、披露宴は二人で作り上げていこう!」


基本的に男性はめんどくさがりです。ここだけの話ですが、
実はヨメのウェディングドレスを選ぶのを毎週休みのたびに
付き合わされるのが苦痛でした


「もうどれでもええやん」とか思ってくるわけです
いまだから言えることなんですけどね・・・(苦笑)


けど、女性はそういった部分に非常に敏感です。
ワタシのそういった気持ちにも気づいていたみたいですね。
さりげなく向こうの母親から「渇」を入れられました
別にヨメがグチをこぼしたわけではなく、自分のときもそうだったから
気がついたみたいですね


おかげさまでかなり反省させられました。心を入れ替えて
結婚式の準備に取り掛かるようになりましたが、
その後はしんどいんですけど楽しくなってきましたね。


苦しかったのは本番前日だけです。なんか妙に不安になるんですよね^^
自分がいかに小市民なのか思い知りました


カップル

披露宴の進行


披露宴


1、招待客の出迎え


新郎新婦、媒酌人、両親などが並んで、列席者たちを披露宴会場の
入り口で出迎える。久しぶりの友人と会ったりすると、おもわずその場で
話しこみたくなりますが、その場では笑顔で会釈をするだけに
とどめておきましょう。後がつかえるからですね


2、新郎新婦の入場


新郎新婦がウェディングテーマのBGMと合わせて入場してきます。
このBGMに関しては自分で決める場合もあれば、式場スタッフのオススメで
決める場合もあります。


余談ですが、ワタシの知り合いは宇宙戦艦ヤマトのテーマで入場して、
会場を爆笑のうずに巻き込んだことがあります。後々の本人曰く、
「かなりの賭けだった・・・」とのこと(笑)


3、開演の辞(開演の挨拶)


開演の挨拶を司会の人を司会の人が読むことで披露宴のスタートとなります。
友人が頼まれたのを見たことありますが、緊張でガチガチになって、
焦って早口で喋っていましたが、プロの司会の方はゆったりと
喋っておられましたね


4、仲人からの挨拶


新郎の叔父といったように誰か仲人を決めている場合は、
その方からの挨拶となります。これがあまり長いスピーチだと
困るので気をつけましょう


5、主賓からの祝辞となります


新郎新婦は起立してたったままの状態でお祝いの言葉を聞きます。
新郎側、新婦側、両方からひとりずつ主賓が居る場合は二人ともに
話してもらいます


6、乾杯の音頭


全員がシャンパンを持って、乾杯を頼まれていた人が
乾杯の音頭をとります。乾杯のコツとして、「乾杯!」という言葉だけは
絶対に大きな声で言うようにしましょう。この声が小さいと失敗ですね


あとは「乾杯!」と言う前にひとつ「ため」を作ってから言うと、
より効果的な演出ができるので覚えておくか、乾杯を頼んだ人にさりげなく
アドバイスをしておくと頼まれた方も安心でしょう


7、ウェディングケーキ入刀


新婦がリボンなどで装飾を施されたナイフを両手で手に取り、
そこに新郎が手を重ねて用意されたウェディングケーキに二人で
そっと入刀していきます


ウェディングケーキは切るだけようのケーキもあれば、
ホンモノのケーキであり、その後、来賓者に配るケースも増えてきていますね。
昔はかなり不味いバターケーキを使うことも多かったそうですが、
最近はホンモノをよく見ます


大きさもそこまで大きくなかったりしますからね。


8、ご歓談、お色直し


ケーキ入刀まで終わった後は、しばしご歓談となります。
そしてスケジュールどおりの時間になると、新婦はお色直しに出かけます。
ここで初めてカラードレスに着替えたり、和装をしたりしますね


9、新郎新婦でキャンドルサービスをする


お色直しした新婦を新郎が出迎えて二人で入場してきます。
そこで暗くなった会場でキャンドルサービスを行っていきます。
友人たちがディナーのエビのカラをキャンドルにかぶせて
新郎新婦を困らせるのは定番ですね^^


各席を周った後は、自分たちのテーブルに置かれた最も大きな
キャンドルに火をつけて終了です


最近ではフェアリールージョンという透明の液体を二人で
ひとつの透明な器にたらすと化学反応でとても美しい光を放つという
新しいアイテムもあります。かなりキレイなのでオススメの一品ですね


10、参加している友人からの祝辞、余興などを行う


新郎新婦それぞれに対して、最も親しい友人から代表して
スピーチを貰います。ワタシは絶対に泣かないと思っていたのに、
不覚にもボロボロと泣かされました。別に喋るのが上手いヤツで無くても、
昔からの親友の言葉は胸に響きますね


あとは歌や踊りを贈ったりします。自分でギターを弾きながら
ウェディングソングをプレゼントする人や、友人たちで練習したダンスを
踊ったりとさまざまですね


ちなみにスピーチで新郎新婦の暴露話をする人もいますが、
笑いが取れる程度に抑えておきましょうね。昔は一緒に万引きして
捕まったり・・・とかダメですよ。あと若い人で多いのですが
「下ネタ」も要注意です


11、それぞれの両親に花束を贈呈


それぞれの両親に対しての挨拶と花束を贈呈します。
もっとも感動的なシーンのひとつですね。親子そろって思わず涙ぐむ
シーンはとてもステキです


12、終了のあいさつと見送り


列席者へお礼の挨拶を新郎の父親が言うことになると思いますが、
その後は司会からの終了の挨拶があります。そして退場する参加者たちを
入場時と同じように両親と供に並んで見送りますね


入場時と違い、このときは「おめでとう」といった挨拶でどうしても長引く
ケースが多いですが、まぁ仕方が無いでしょう^^


二次会の幹事を頼まれている友人は、混ざりたいのも山々でしょうが、
二次会の準備のためすばやく二次会の会場への移動をしましょう


13、着替え、二次会の会場への移動


終了後、来ていたウェディングドレスなどを着替えます。
その後は披露宴会場のスタッフに挨拶を済ませた後、
二次会の会場へと向かいます


どんなに急いでも、それでも二次会のスタートには
まず間に合いませんね。これは仕方が無いのでOKでしょう。
幹事もそのことはわかっています。経験者であれば・・・ですが


あとは例外として、その後、二次会をせずに直接ハネムーンに
向かうケースもあります。そういった場合は見送った時点で終了ですね

ハネムーン


ハネムーン


「自分たちが行きたいトコロを自分たちで決める!」


そうしているカップルのほうが多いとは思いますが、
本当に自分の行きたいトコロに行くようにしましょう。
本当は行きたくなかったのに行ったりすると、ダラダラして
つまらない新婚旅行となります


意外と多いんです。あんまり深く考えていなかったから、
とりあえずみんがいいって言っているからハワイに行くか、
海外はしんどそうだから沖縄にしておくかってね
そりゃ本当に行きたくないのに行ったらつまらないですよ^^;


新婚旅行の後、夫婦がすぐに別れることを成田離婚と呼びますが、
あんがいこういったトコロにも原因があるかもしれませんね・・・


新婚旅行を行かないという選択肢もあるので覚えておきましょうね。
ただしヨメさんが行きたがっている場合とかは、やっぱり行ってあげるほうが
良いとは思いますが・・・


結婚が決まると同時ぐらいから決める


結婚式を挙げると決まったら、その後新婚旅行に行く場合、
すぐにパンフレットなどを見るなり、旅行代理店を訪れてハネムーン先を
決めていきましょう。これがなかなか決まらなかったりするんですよ。


「想像よりも思っていたより料金が高かった・・・」
「いざ旅行代理店の話を聞くと、なんか楽しくなさそうな場所だな」
「こっちのほうが友達がイケてるって言ってるしな」

ハネムーンに必要なモノ


旅行グッズ


パスポートは婚約後に作る


婚約前に張り切ってパスポートを作ると、旧姓のままで作られてしまいます
当たり前のことって言えば当たり前なんですが・・・


あとはパスポートの有効期限などですね。油断していて期限が
切れていたといったらシャレになりません。あとはなかなか無い例ですが、
過去に前科といった犯罪歴があると、国内から出られない。
もしくはパスポートの期限が極端に短いということもあります


ビザが必要な国に行く場合はきっちりとビザを取ってからいきましょう。
これは旅行代理店のアドバイスにしたがっておけば、まず大丈夫です


現金、クレジットカード、トラベラーズチェック


パスポートやビザは当たり前ですが、あとは現金の代わりにVIZAカード、
マスターカードといったクレジットカードが必要です。持っていない人は
申請しておきましょう。100%必要というわけではないのですが、
あるとものすごく便利です


次にトラエベラーズチェックですが、これはあんまり持っていっても
意外と使わないまま帰ってくることも多いです。最低でもお土産代で
使うぐらい持っておいたら、みんなへのお土産を買うときに
使えるからいいかなってぐらいです


あとは現金ですが、コレは逆に思ったよりも使うことが多いです。
モノを買うときはカードで済ませても、チップはカードで済ませられません。
チップ代を払うときに現金が必要となるので小銭も用意しておくことです


ちなみに海外のお金はどれもこれも独特のニオイがキツイです。
ドル紙幣もそうだし、小銭もそうですね。ジーパンのポケットに入れっぱなしだと、
ニオイがついて参ったということもありますね^^;


向こうでのホテルの予約


ほとんどの方が旅行代理店に頼むと思うので大丈夫だとは思いますが、
もしハネムーンパックやツアーを活用しないどころか、自分たちで全てをこなす
場合は当然、必要となってきます


参考程度に旅行代理店を使うお金をケチって旅行に行った
人から聞いた話だと、絶対に旅行代理店を使ったほうがはるかに
ラクということです。別に新婚旅行ではありませんでしたが、
ヘトヘトになったと言っていました


元々、他にも結婚式の準備などで忙しいので、
まぁやってられないでしょうね^^;

イエローカード、予防接種

海外へと行く前は予防接種は確実にしておきましょう。
最近はフィリピンから帰って来た人が狂犬病にかかっていたという
ニュースがあります。狂犬病はかなり怖いです。野良犬が平気で
徘徊している国もありますからね


予防接種


ワタシは子供のころブラジルに住んでいましたが、
そのときはものすごい野良犬がうろついていました。
いまはどうか知りませんが、ブラジルの首都、マナオスですら
それでしたからね・・・ありゃ怖かったです


ちなみにイエローカードは予防接種を受けた証ですね。
東南アジアに行くときなど必要となるので注意が必要です

海外旅行保険


海外へ行ったときに病気やケガをした場合の保険となります。
海外で事故を起こしたりケガをしてしまったりすると、
日本とは医療負担が違うので信じられない治療費、診察費を
請求されることもあります


日本は医療費3割でOKですが、アメリカだと全額負担ですからね。
日本で1000円のモノが3000円ということです。
風邪を診て貰って一万円とかザラです。だからこの旅行保険は
絶対に加入しておきましょう!


ただ、このクレジットカードにこの保険がついている場合もあるので、
まずは手持ちのカードを確認して、組み込まれていなかった場合は
入会しましょう。


そんなに高いモノじゃないので、めんどくさがらずにやっておきましょうね


海外旅行保険

旅行便利グッズ

旅行便利グッズ


1、変換プラグ


まずは変換プラグですね。向こうは電圧が違うので、
髭剃りを充電したりすると普通に壊れてしまいます。


2、海外でも使える携帯電話


持っていると何かと安心です。最近ではソフトバンクフォンだと
軽い手続きを済ませるだけで、海外でもそのまま使えたりするので
便利ですね。もちろん料金は高くなるので使いすぎには注意しましょう


3、生理用品


海外で生理になってもナプキンのサイズが違ったりして
困ることがあると聞いています。ワタシはオトコなのでピンと来ませんが
女性の方は持っておきましょう


4、デジタルカメラ


デジタルカメラとSDカードがあれば、それだけで充分な量の
写真を撮影することができるので持っておきましょう。ただし上でも書いた
変換プラグを忘れていくと、充電ができなくて最悪です。注意してくださいね


5、ビニール袋


ビニール袋を何枚か持っておくと、着た後の下着や洋服を
分けていれるときに非常に便利です。別にコンビニでもらう袋とかでも
良いので、何枚か持っておきましょうね


6、サングラスと帽子


日差しの強い国や暑い国というのは、自分が考えているよりも
はるかに暑いです。そんな中、帽子をかぶっていないと熱中症、日射病に
なる危険性があるので、暑い気候の国に行くときは
絶対に用意しておきましょう!


7、おみやげのリスト


みんなから頼まれたおみやげを書いてメモに残して持って行きます。
無いとパニックになりますよ←経験済み^^;

親と同居か?別居か?

親と同居するのか、別居するのかで、結婚後の生活は大きく変わって
きます。個人的には「絶対に別居」と思っているのですが、
同居する方もたくさんいますね。大体がヨメが嫁ぐというカタチです


同居のメリット


親と同居することで、生活費の負担が小さくなります。
あとは姑から料理を教えてもらったり家事を分担できたり
するとラクですね。


もっとも大きいのが親が持ち家の場合、家賃が必要無いということです。
家を建てるお金の貯金ができるまで両親と同居でガマンしているという
友人もいますね。このように主に金銭的なメリットが非常に大きいです


同居のデメリット


親と同居と言っても、ぶっちゃけ他人です。
ダンナと結婚をしていなかったら、町ですれ違っても声を掛けることも
無かったはずです。コチラからは選ぶ権利はありません。


問題なのは好きな人の親も大好きになるとは限らないということです。
犬猿の仲どころか絶縁状態の友人もいます。いわゆる「嫁姑問題」という
ヤツですね。このようにデメリットとしては主に「人間関係」が大きいです


別居のメリット


別居のメリットは自分たちで好き勝手にできるというトコロですね。
同居と違い、両親に気を使うことも無いので、息を抜ける部分も多いです。
親と一緒に住むというのはヨメさんにとって、かなりのストレスなのは
間違いないでしょうからね


もちろん入り婿のマスオさん状態の場合はダンナのストレスが
すごいことになります。これらのストレスが全く無いというのが
大きなメリットでしょう


別居のデメリット


景気は上がっているといわれていますが、別にサラリーマンのダンナの
給料も一緒にうなぎのぼりするわけではありません。
給料が安い会社はホント安いです。


そんな中、新居を購入したり借りたりすると、月5万円の家賃でも
ずっしり来ますね。プラス光熱費などもかかってきます。
これは都会になるほど比例して高くなるのでキツイですね


現実問題、都会になるほど結婚する年齢が遅くなってきています。
理由は生活費が若くて給料が低い状態で結婚しても生活が苦しくなるのが
目に見えているからという部分も一部の原因ではあると思います。


まとめ


親と同居を選らぶのも、別居を選ぶのも個人の自由であり、
自分の責任で決めることなのでしょうが、ひとつだけ注意しておいて
くださいね。それは・・・


「絶対に妥協をしないこと!」


ダンナが「どうしても親と一緒に暮らしたい」と言っても、
自分がイヤだったらきっぱりと断ることですね。もしそれで「別れる!」とか
発展するようなら、どちらにしろいずれ別れますよ。


もちろん親が病気で苦しんでいるといった場合もあるので
なんとも言えませんが・・・


しかし別居でも同居でも別にお互い何も問題が無い状態なのに、絶対に同居といわれて
それがものすごくイヤな場合は絶対に断りましょう。これを渋々、妥協して「いいよ」と
言って悲惨な目にあっている友人を沢山みています^^;

3世帯家族

新居を探す


親と別居と決めた場合のみですが、自分たちが住むための
新居を探す必要があります。長男とかは気を使って親と近い場所を
選ぶこともあるようですね。もちろん職場が近かった場合のみですが・・・


マイホーム


職場からなるべく近いトコロを選ぶ


自分が働く職場からなるべく近い場所を選びましょう。
お互いに共働きで職場も違う場合はキッチリと話し合って、
場所を決めていきましょう。昔は結婚したら嫁は家庭を守るのが
普通という習慣もありましたが、最近は全く逆です


結婚してからも働きたい女性が増えています。
パートを正社員にしたり、育児が終了後、また雇うといった企業も
増えてきています。働く楽しみを知ってしまったことで、
結婚をすることをイヤがる女性も増えています


よって、子供ができるまでは共働きの夫婦が多いですね。


転勤が多い職場ではないのかどうか?


働く職場によっては異常に転勤が多いトコロもあります。
そのような場合、敷金、礼金が高いアパートを選ぶと「損をした〜!」と
叫ぶことになりかねないので、気をつけてくださいね


家賃のバランスについて


えらい現実的な話でもうしわけ無いのですが、高い家賃の場所ほど、
やはり魅力度はかなり高く感じてしまいます。気に入ったトコロも
見つかりやすいです


そこでムリをして高い家賃の場所を借りると、
その家賃が後々ズッシリと生活の中にのしかかってくることになります。
お金に余裕が無くなると、ピリピリしやすくなり、
夫婦間の仲が悪くなることもあるので注意が必要です


逆に安くて狭い1DKの場所を選んだりすると、
今度はスペースが無さ過ぎて、お互いのプライベートが維持できずに
ストレスが溜まります。


実はワタシたちも料金ばっかり見て、最初はメチャクチャ安い場所を
借りましたが、三ヵ月後には出ることになりました^^;


お互いに一緒に居る時間が長すぎると、ものすごいストレスなんですよね。
イヤなトコロばっかり目が行くようになります。そして話し合いの結果、
いまは2LDKの場所に住んでいます。


騒音を防ぐ防音対策はカンペキか?


隣の家に自分たちの声が聞こえたり、逆に聞こえてきたりすると、
いつも常にうるさくしないようにしないといけないと気を使って
仕方がありません


隣の人の仕事帰りがいつも遅くて、夜中の2時過ぎになるとうるさくて
仕方が無いということもドラマだけじゃなく現実でもよくありますからね


日あたりは良いのか?


日あたりが悪いと、ジメジメして洗濯物は乾きにくいし、
梅雨のときなど最悪です。カビなども生えやすくなってしまいます。
何よりも朝起きたとき、朝日をあびるかあびないかで
その一日の行動にもえらい差がつきますからね


買い物に行く場所が近くにある


一人暮らしだと近くにコンビニがあると便利とよく言われているし、
実際そうです。かなりラクです。困ったときはすぐに買い物に
いけますしね・・・


しかし夫婦で暮らすとなると、あまりコンビニは役に立ちません。
なぜならばコンビニに置いてあるモノは全て値段が高いからですね。
スーパーとかで買ったほうが、はるかに安いです。
というか家計を考えてもスーパーで買い物をするべきです


一ヶ月の食費を全てコンビニで買っていたら、シャレにならない
金額になりますよよっぽどのお金持ち以外はまずムリです。
一人暮らしで使えるお金が多かったからできることなんですよ


駐車場について


ワタシの住んでいる地域は田舎なので、駐車場の料金も
そんなにかかりません。ハッキリ言って安いです。
しかし東京などは「それ家賃だよね?」というぐらい高い値段の
場所もあります


ただ、家賃は安くて駐車場代だけ高い場所というのは
ほとんど無いでしょう。だいたい家賃も高ければ駐車場代も高いです。


隣に住んでいる人たちとのトラブル


隣に住んでいる人たちとモメるという話は実際によく耳にします。
代表的なのは騒音おばさんですか?あれは特別ヒドイので例外ですが、
嫌がらせを受けたり、挨拶しても無視されたりすることはあります


それが原因で引越しする人も少なくありません。
公園に子供を連れていっても無視されたりですね。
ポイントとしては誰かの陰口を言っている中にはまざらない
ほうがいいですよ。


あとはどうしても住んでみてからじゃないとわからない部分が
大きいですね住んでみてから「最悪」となったりします

生活用品を揃える


新居を構えるにあたり、生活用品が当然必要となってきます。
冷蔵庫、エアコン、テレビ、パソコン、ダンス、ベットなどですね。
二人で家具を選んでいるときは、なかなか幸せですよ^^


最初は本当に必要なモノだけを買おう!


家具を選んでいると、あれもこれもと目に入り気に入ったモノは
全て欲しくなってきます。ついうっかり買いすぎることもあります
←経験済み(苦笑)


というワタシたち自身の失敗経験から言えることですが、
本当に必要なモノだけキッチリと揃えることから始めましょう。
ミキサーとかは後回しでいいです^^;


めんどくさがらずに必要なモノをリストアップをしたり、
一度見に行った後、一旦何も買わずに戻ってきてから、
もう一度ちゃんと考えた後、改めて購入に行くということですね


ちゃんとスペースを考えよう


あまりにも大きなタンスなどを買うと部屋に入らなかったという
こともあります。買ってみてから気がついたとかですね。
あと別に部屋に入ったのだが、想像以上にスペースを取って
窮屈な部屋になってしまったりですね


ソファーなど買ったときはよく座っていたけど、一ヵ月後には
客人が来たとき以外、座らなくなったということも普通です。
そうなるとソファーがメチャクチャ邪魔に感じるので、
本当に座るのかどうか考えたほうがいいですよ


高い買い物となるので、そんなカンタンに処分もできないし、
まさに大きな荷物です


部屋

住民登録


住民登録


結婚後、生活場所が変わるので、前に住んでいた
場所の市役所に行って、転出届を出します
そのとき転出証明書を発行してもらって、新しく住む場所にある
市役所に提出します。それで転入手続きをして終了です。
めんどくさいけどカンタンです


名義変更を忘れずに!


国民健康保険、年金などは転入届を出すと同時に性別の変更、
住所の変更も済ませておきましょう。あとは銀行や郵便局で使う口座、
通帳、キャッシュカードもしっかりと変更しておきましょうね


忘れがちになるのがクレジットカードの名義変更です。
あまり使わない人だとそのまんまになっていたりするので、
ちゃんと会社に電話をして変更のための書類を取り寄せましょう


そして郵便物の転居届けを絶対に忘れないようにしてください!!
郵便局に言い忘れていると、前住所に届きっぱなしの状態に
なってしまいます。申請後、一年分の郵便物を転居先に
送ってくれるので郵便物は安心です

内祝い(結婚祝いのお返し)


結婚祝いのお返しとして、内祝いという品物を贈ります。
なんかむかしは内祝いと結婚式のお返しは別モノだったようですが、
最近ではゴッチャですね


結婚式のお返しは披露宴に参加できなかったけど、
お祝いだけ貰った場合のみお返しとして送ることになります。
だいたいの金額はもらったお金の半額分ぐらいです
それぐらいの金額の品物を送っておきましょう


引き出物を送るというパターンもありですが、ちょっと安いですかね?


ただ、出席できなくてお祝いだけ送ってくれるというケースは
かなり少ないので、滅多にすることは無いと思います。よほど急な事態で
来れなかったときだけでしょう


そのときにはこのような内祝いがあるということだけ
覚えておいてくださいね


内祝い

新婚旅行の後、おみやげを渡す


新婚旅行、ハネムーンから帰ってきた後は、
親族や友人たちへおみやげを持ってあいさつついでに周ります。
別に絶対にしなくてはいけないというわけでも無く、
ハッキリ言ってめんどくさいのですが、後々の人間関係の部分と
礼儀を考えて、おみやげを持ってまわっておくことをオススメします


職場の上司などは別に家まで行かなくても職場の帰りにでも渡せば
OKだと思いますよ。

新生活の心がけ


新生活


これから先、カップルだった二人は新しく夫婦となり、
一生を二人で送るわけですが、それに対しての心の準備を
しておきましょう


結婚してからがスタートです


結婚したらゴールとなる人が非常に多いですが逆ですよ!
結婚してからがスタートです。


キツイ発言かもしれませんが、「結婚=幸せじゃない!」ということを
頭の片隅にでも入れておきましょう


結婚すれば100%誰でも幸せになれるのであれば、
離婚というモノがありませんからね
ちなみに参考として2005年の夫婦の離婚率は50%です!


そんな暗いこというなよ!と思われる方も大勢いるでしょうが、
そのような現実をしっかりと知り、二人で幸せな家庭を築いていくんだという
覚悟を決めてくださいね


その気持ちがあるか無いかで、
その後の結婚生活の幸せの貼りが違います


結婚後の幸せな生活は人間関係で大きく左右する


結婚後、いくらお金を持っていても幸せになれない人もいます。
芸能人とかガンガン離婚を繰り返していますよね。ハリウッドスターなんて、
美貌とお金の両方を兼ね揃えているのに、
これまたガンガン離婚と再婚を繰り返しています^^;


別れている原因はお金ではありません。大体が人間関係です。
浮気や不倫も他に好きな人ができてしまった。妻や夫以外の人と
恋愛をしているということから人間関係のもつれと言えます


育児ノイローゼも自分の子供との人間関係であれば、
嫁姑問題などについては説明するまでも無いですよね?


あとはご近所付き合いなどもそうです。
全てのトラブルの部分に「人」が絡みます
コンピューターなどが問題を起こすわけではありません


幸せな家庭を築く最大のコツは思いやり


夫婦となり、その先何十年と一緒に暮らしていたら、
まず確実にどこかでケンカします。もしケンカしなかったとしても、
どちらかがガマンをして不満を溜め込んでいます
じゃなかったら、みんなと飲みに行ったときにあんなにグチは出ません^^


よって、ケンカを防ぐことよりも、ケンカした後の仲直りの方法を
決めておきましょう。そしてモメないためにも、お互いがストレスをためない
ためにも思いやりが必要です


この思いやりが無くなった時点で離婚をしていなくても仮面夫婦の完成です

2007年01月26日

両親への挨拶と結納カテゴリ


両親への挨拶と結納

両親への挨拶と結納

両親へ結婚の報告

両親への結婚の報告の仕方

あいさつ当日のポイント

ご両親への挨拶当日の注意点

お互いの両親の顔合わせ

お互いの両親の初の顔合わせのアドバイス

婚姻届の提出の手順

婚姻届の提出の手順について

結納の手順

結納の手順について

婚約指輪

婚約指輪(マリッジリング、エンゲージリング)について

結婚式についてカテゴリ


結婚式について

結婚式について

わからない部分を調べる

結婚に関してわからない部分を調べる

結婚式の種類

結婚式の種類とバリエーション

結婚にかかる費用

結婚に必要な費用について

結婚式費用のアドバイス

結婚式の費用のアドバイス

婚約後に破談した場合

婚約後に破談した場合

準備にかかる時間

結婚式の準備にかかる時間

平日に式を挙げると?

平日の結婚式ってどうなの?

マリッジブルーとは?

マリッジブルーとは?

2人で作るウェディング

最高の結婚式は2人で作っていく

ウェディングの準備カテゴリ


ウェディングの準備

ウェディングの準備

式場の下見

結婚式場の下見の注意点

料理は迷わず奮発する

披露宴の料理は迷わず奮発する

結婚式の招待状を送る

結婚式の招待状を送る

引き出物を選ぶ

結婚式の引き出物を選ぶ

花嫁衣裳と花婿衣装

花嫁衣裳と花婿衣装の選び方

ブーケを選ぶ

結婚式で使うブーケの選び方

装花はどこに置く?

装花の置き場所について

結婚式のビデオ撮影

結婚式で撮影するビデオについて

司会と受付を依頼する

司会と受付を依頼する

結婚式の二次会の幹事

結婚式の二次会の幹事

ブライダルエステ

ブライダルエステ、ヘアメイクについて

招待客が泊まる場所の手配

招待客が泊まる場所の手配をする

披露宴の進行

披露宴の進行の手順

新婚旅行・ハネムーンカテゴリ


新婚旅行・ハネムーン

新婚旅行・ハネムーン

ハネムーン

ハネムーンで行く場所を決める

ハネムーンに必要なモノ

ハネムーンに必要なモノ

イエローカード、予防接種

イエローカード、予防接種

海外旅行保険

海外旅行保険について

旅行便利グッズ

ハネムーン(新婚旅行)に持っていくと便利なもの

新生活の準備カテゴリ


新生活の準備

新生活の準備

親と同居か?別居か?

親と同居が良いのか?別居が良いのか?

新居を探す

結婚後の新居を探す

生活用品を揃える

生活用品を揃える

住民登録

住民登録のやり方

内祝い(結婚祝いのお返し)

内祝い(結婚祝いのお返し)について

新生活の心がけ

新生活の心がけについて

結婚リンク集


結婚関連リンク集

リンク1
リンク2
リンク3
リンク4
リンク5

サイトについて

当サイトでは無事にプロポーズも終わり、結婚して2人一緒になる
ことが決まったカップルが、結婚式から新生活までの準備に向けての
アドバイスを特集しているサイトです

情報の取り扱いについて


当サイトに使用されているイラストや画像は実際の世界とは
一切関係がございません。あくまでもイメージです。


サイト内容や画像を勝手に引用することを固くお断りしています。


リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、
その他、不利益が発生いたしましても、当サイトと管理人は
一切の責任を負えないのでご了承下さい。


あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元で
よろしくお願いします。

リンクについて


当サイトはリンクフリーです。
相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。


以下にあげるような内容のサイトはお断りします。


・アダルト関連の記事を扱うサイトさま

・誹謗中傷を主としたサイト

・著作権侵害の恐れがあるサイト


その他、独断と偏見でお断りさせていただくことも
あるので、ご了承ください。


相互リンクをご希望の際は、
以下の当サイトの情報を貴サイトへ掲載いただいてから
下の「メールフォーム」よりお申し込み下さい。

タイトル ウェディングで失敗しない!結婚式の手引き
URL http://www.kankon-m.com/
紹介文 「ステキなウェディングと新生活スタートまでの準備とアドバイス」

相互リンクのお問い合わせ先はこちら
kanimaro0707●yahoo.co.jp
●は@に変更してメール送信してください。


◆本ウェブサイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

* 本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 * 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。

1. 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。 2. 本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。 3. 掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

* ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

About 2007年01月

2007年01月にブログ「結婚式の準備に向けて・・・ ウェディングで失敗しない!結婚式の手引き」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

次のアーカイブは2007年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type