« 2013年10月 | メイン

2014年05月 アーカイブ

2014年05月19日

40代の結婚、全然アリだと思います

"個人的には、40代での結婚も50代の結婚も全然アリだと思っています。
若い人同士の結婚よりはずっと安心感が持てます。
お互いもう人生経験豊富なので、ちゃんと将来のことも考えてのことでしょうし、
そこから子供を、というのも全然アリだと思います。
ただ、テレビでも時々話題になりますが、
40・50代の男性が18~20代前半の女性と結婚というのは
ちょっと・・・と思ってしまうことはあります。
勿論両者も合意の上だと言うことは分かっていますし、
他人の恋愛や結婚観をとやかく言うべきではないと
理屈では分かっているのですが、
中々本心から受け入れるのは難しいようです。
ただ、最近はそれほど気にならなくもなってきた(単に慣れた?)
ので、これからは出来るだけ素直に祝福していきたいものです。
私自身は今のところ結婚願望は無く、
おそらくこれからも結婚はしないと思います。
ただ、四十代になったときにまた考え方が変わる可能性は十分にあるので、
その時になったらまた考えてみたいと思います。"

新鮮さを感じる間はいつまでも新婚気分

"嫁さんとは結婚3ヶ月目、ただし同居は10年間のある意味ベテランカップルです。
「○○年までが新婚です!」というのは個人差もあってはっきり定義できるわけではないものだと思いますが、
私としては新鮮さを感じられる間が新婚だと思います。
結婚してからまだ3ヶ月だけど、正直お互い空気のような存在(良い意味でね!)なので、
世間でいうところの新婚らしさはまったくありませんね。
ただ、たとえばヘアースタイルのイメチェンをしてみたり、何となく相手の呼び方を変えてみたり、
ちょっとした変化を試みて何か新鮮さを見せることで、いつでも新婚気分に戻ることはできています。
まぁ、お互いがお互いに好かれようとこういったちょっとした新鮮さをアピールすることで
いつまでも新婚気分の浮かれた夫婦(もちろん良い意味でね!)でいられると思いますし、
結婚をゴールにしてしまってどちらかが好かれる努力を怠り始めたら新婚夫婦さんじゃなくなるのかな、と思います。
とはいえお互い全く気を使わなくても分かり合える「ベテラン夫婦」にステップアップするなら素敵ですね。"

独身万歳ではないけれど

"私は結婚願望はあるにはありますが、結婚にまつわる事柄や結婚相手に対する理想が高すぎるので、まぁ結婚は不可能だろうなぁと諦めております。

経済的にその方が楽だからとか、社会制度的にどういうメリットがあるとか、そんな理由では結婚したくないです。
ましてや独身よりも世間的に風当たりが良いだなんていうのは言語道断。そんなのは結婚相手を装飾品としか見ていない証です。

やはり結婚というのはお互いに心底惚れてこそだと思うのです。即物的なメリットなんてなくていい。どちらか片方にでも打算があってはいけない。
結婚する合理的な理由なんかないけれど、でもどうしようもなく両想いに惚れてしまった。理由なんてそれこそ雷に撃たれたように恋焦がれたというだけで十分。
恋愛というものはそうであってこそだと思います。

少々ロマンティックが過ぎるのでは、というのは自覚しております。
なので冒頭で述べました通り、現実的には結婚は不可能だろうと思っている次第です。"

2014年05月29日

恋愛で付き合いたくないと思った男性

"私は中学生の子時に好きな人がいました。そのときに私のうちは父子家庭でしたので私の心は暗かったです。
そんな時に中学2年になりクラス替えがあって、隣の席になった男子生徒が凄く優しくて穏やかな話し方をする
人でしたので好きになっていきました。そのときに初めて人を好きになりました。
私は高校生になり彼とデートをするようになりました。彼と手を繋いで歩いた初めての人でした。
でも彼とは高校2年の冬に彼の言葉を誤解してしまい、それっきりあうのをやめてしまったのです。
私はOLになり友人の友人を紹介され付き合いましたが、この人が凄く自分勝手でした。
デパートに行っても買ってに自分の見たいものの場所に行ってしまうので、はぐれたこともありました。
それにお酒を飲むと愚痴がすごかったです。私は離婚した母親のことまで離婚した理由をしつこくきまれました。
自分勝手で飲むとしつこい男性は付き合いたくないなと思いました。その人とはすぐにわかれました。"

女をモノとしか考えない男はダメ

"恋愛で付き合いたくない人というと、少し解りづらいのです。
恋愛というか、相手を好きになったら、「あばたもえくぼ」になってしまいます。
ですから、一応、「付き合いたくない人」として、語りたいと思います。
私は、まず、性格です。
日本の男性には、多くないのか、それとも、馬鹿ほど、語りたがる典型なのか、
「女をモノとしか」考えていない人はお断りです。
最近では、ストーカー殺人事件が増えています。
その殆どが、
「自分に振り向いてくれないなら、殺してやる。」
という大変身勝手な言い訳で、女をモノ扱いしている異常者です。
海外ドラマの犯罪心理学を扱ったドラマでも、
「女性に暴力を振るう男は、相手がモノとしか見えていな異常者だ。」
というセリフが出てきます。
一方、日本では、男が、女について、文句をつけるのが当たり前になっています。
下劣なお笑い芸人も、
「貧乳」「嘘胸は許せん。」
と、赤の他人の女性をモノ扱いで悪口の言い放題です。
テレビに出ている、農業従事者の老人でさえ、
「白無垢、貴方色に染まります…なんて。」
と野菜の事を例える程です。
知人の30代の男性でさえ、
「女なんて、結局、子供を産む機械。」
と言い、
「でも、彼女がいない自分は負け組かも。」
と言いますが、
「女性を愛せない」
時点で、
「おまえは、人間未満だ。」
と言いたくなります。
こういう人間とは、付き合いたくないと思います。
しかし、私はよほど、おかしな人間に囲まれているのでしょうか。
そうでない男性に殆どあった事がありません。

不潔な人は困る

"私は清潔感がある人がいいので、あまりに汚らしい格好や生活をしている人は恋愛対象にはなりませんし、付き合いたくないと感じています。
よく穴のあいたジーンズを着用している人がいますが、ああいうのは私は大の苦手です。
それから部屋着を何日も洗わないとか、そういう人も感心しませんしこちらが引いてしまいます。
こういうのは性格や育ってきた環境が多くの場合左右すると思いますが、いくら外見が好みだとしても内面や暮らし方が私と合わないと、それを知った時点で幻滅してしまいます。
少し気にしすぎではないかと私も言われるのですが、自分の理想に妥協をしたくないという頑固な部分もあります。
相手も私に対して合わないと困ると思いますし、お互いに恋愛をして付き合うには、そういったディテールが大切だとこの頃ひしひしと感じています。
不潔な見た目の人は無頓着な人も多いと思いますから、多くの場合見た目にもあらわれてきますが、私が恋愛で付き合いたくない人は大ざっぱな人なのかもしれません。"

About 2014年05月

2014年05月にブログ「結婚式の準備に向けて・・・ ウェディングで失敗しない!結婚式の手引き」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type