結婚式の手引き・トップへ > 装花はどこに置く?

装花はどこに置く?

装飾する花だから装花なわけですがその名の通り、
結婚式、披露宴会場では、いたるところに花を飾ります。
髪飾りにも使えば列席者のテーブル、式場から新郎新婦が
降りてくるトコロをライスシャワーと花を撒く


他にも階段や司会のマイク、新郎新婦が座るためのテーブルなど
さまざまです。結婚式の費用がかなり必要となる部分のひとつですね


装花


装花を決める手順


結婚式場と提携している花屋さん(フローリスト)がいるので、
その人たちのアドバイスを参考として花を置いていきます。
わからないからと任せてしまうと至るトコロに花を置かれてしまうので、
しっかりと決めていきましょう


ぶっちゃけ花代はけっこうバカにならない値段になりますよ^^;
この装花を満足なぐらいに置けて、さらに値段をいかに抑えることが
できるのかで、結婚式にかかる費用を大きく下げることができます


ナイトウェディングで装花の値段を大幅カット!


ナイトウェディングとは夜に挙げる結婚式のことですが、
結婚式に使う花の値段を大幅にカットすることができます。
なぜならば夜なので暗いトコロの花は、ほとんど見えないんです
その代わりにクリスマスツリーの電飾のようなモノで色づけしていきます


昼間の花に全くヒケを取らないぐらい美しいのですが、
1600円の花が300円の電飾で済んだりするのでお得です。
しかも夜だからできる「花火」というとてもキレイな花を
活用することができます

おすすめサイト一覧

両親への挨拶と結納

結婚式について

ウェディングの準備

新婚旅行・ハネムーン

新生活の準備

カテゴリ一覧

結婚・恋愛について

サイト情報