メイン

40新婚旅行・ハネムーン アーカイブ

2007年01月25日

ハネムーン


ハネムーン


「自分たちが行きたいトコロを自分たちで決める!」


そうしているカップルのほうが多いとは思いますが、
本当に自分の行きたいトコロに行くようにしましょう。
本当は行きたくなかったのに行ったりすると、ダラダラして
つまらない新婚旅行となります


意外と多いんです。あんまり深く考えていなかったから、
とりあえずみんがいいって言っているからハワイに行くか、
海外はしんどそうだから沖縄にしておくかってね
そりゃ本当に行きたくないのに行ったらつまらないですよ^^;


新婚旅行の後、夫婦がすぐに別れることを成田離婚と呼びますが、
あんがいこういったトコロにも原因があるかもしれませんね・・・


新婚旅行を行かないという選択肢もあるので覚えておきましょうね。
ただしヨメさんが行きたがっている場合とかは、やっぱり行ってあげるほうが
良いとは思いますが・・・


結婚が決まると同時ぐらいから決める


結婚式を挙げると決まったら、その後新婚旅行に行く場合、
すぐにパンフレットなどを見るなり、旅行代理店を訪れてハネムーン先を
決めていきましょう。これがなかなか決まらなかったりするんですよ。


「想像よりも思っていたより料金が高かった・・・」
「いざ旅行代理店の話を聞くと、なんか楽しくなさそうな場所だな」
「こっちのほうが友達がイケてるって言ってるしな」

ハネムーンに必要なモノ


旅行グッズ


パスポートは婚約後に作る


婚約前に張り切ってパスポートを作ると、旧姓のままで作られてしまいます
当たり前のことって言えば当たり前なんですが・・・


あとはパスポートの有効期限などですね。油断していて期限が
切れていたといったらシャレになりません。あとはなかなか無い例ですが、
過去に前科といった犯罪歴があると、国内から出られない。
もしくはパスポートの期限が極端に短いということもあります


ビザが必要な国に行く場合はきっちりとビザを取ってからいきましょう。
これは旅行代理店のアドバイスにしたがっておけば、まず大丈夫です


現金、クレジットカード、トラベラーズチェック


パスポートやビザは当たり前ですが、あとは現金の代わりにVIZAカード、
マスターカードといったクレジットカードが必要です。持っていない人は
申請しておきましょう。100%必要というわけではないのですが、
あるとものすごく便利です


次にトラエベラーズチェックですが、これはあんまり持っていっても
意外と使わないまま帰ってくることも多いです。最低でもお土産代で
使うぐらい持っておいたら、みんなへのお土産を買うときに
使えるからいいかなってぐらいです


あとは現金ですが、コレは逆に思ったよりも使うことが多いです。
モノを買うときはカードで済ませても、チップはカードで済ませられません。
チップ代を払うときに現金が必要となるので小銭も用意しておくことです


ちなみに海外のお金はどれもこれも独特のニオイがキツイです。
ドル紙幣もそうだし、小銭もそうですね。ジーパンのポケットに入れっぱなしだと、
ニオイがついて参ったということもありますね^^;


向こうでのホテルの予約


ほとんどの方が旅行代理店に頼むと思うので大丈夫だとは思いますが、
もしハネムーンパックやツアーを活用しないどころか、自分たちで全てをこなす
場合は当然、必要となってきます


参考程度に旅行代理店を使うお金をケチって旅行に行った
人から聞いた話だと、絶対に旅行代理店を使ったほうがはるかに
ラクということです。別に新婚旅行ではありませんでしたが、
ヘトヘトになったと言っていました


元々、他にも結婚式の準備などで忙しいので、
まぁやってられないでしょうね^^;

イエローカード、予防接種

海外へと行く前は予防接種は確実にしておきましょう。
最近はフィリピンから帰って来た人が狂犬病にかかっていたという
ニュースがあります。狂犬病はかなり怖いです。野良犬が平気で
徘徊している国もありますからね


予防接種


ワタシは子供のころブラジルに住んでいましたが、
そのときはものすごい野良犬がうろついていました。
いまはどうか知りませんが、ブラジルの首都、マナオスですら
それでしたからね・・・ありゃ怖かったです


ちなみにイエローカードは予防接種を受けた証ですね。
東南アジアに行くときなど必要となるので注意が必要です

海外旅行保険


海外へ行ったときに病気やケガをした場合の保険となります。
海外で事故を起こしたりケガをしてしまったりすると、
日本とは医療負担が違うので信じられない治療費、診察費を
請求されることもあります


日本は医療費3割でOKですが、アメリカだと全額負担ですからね。
日本で1000円のモノが3000円ということです。
風邪を診て貰って一万円とかザラです。だからこの旅行保険は
絶対に加入しておきましょう!


ただ、このクレジットカードにこの保険がついている場合もあるので、
まずは手持ちのカードを確認して、組み込まれていなかった場合は
入会しましょう。


そんなに高いモノじゃないので、めんどくさがらずにやっておきましょうね


海外旅行保険

旅行便利グッズ

旅行便利グッズ


1、変換プラグ


まずは変換プラグですね。向こうは電圧が違うので、
髭剃りを充電したりすると普通に壊れてしまいます。


2、海外でも使える携帯電話


持っていると何かと安心です。最近ではソフトバンクフォンだと
軽い手続きを済ませるだけで、海外でもそのまま使えたりするので
便利ですね。もちろん料金は高くなるので使いすぎには注意しましょう


3、生理用品


海外で生理になってもナプキンのサイズが違ったりして
困ることがあると聞いています。ワタシはオトコなのでピンと来ませんが
女性の方は持っておきましょう


4、デジタルカメラ


デジタルカメラとSDカードがあれば、それだけで充分な量の
写真を撮影することができるので持っておきましょう。ただし上でも書いた
変換プラグを忘れていくと、充電ができなくて最悪です。注意してくださいね


5、ビニール袋


ビニール袋を何枚か持っておくと、着た後の下着や洋服を
分けていれるときに非常に便利です。別にコンビニでもらう袋とかでも
良いので、何枚か持っておきましょうね


6、サングラスと帽子


日差しの強い国や暑い国というのは、自分が考えているよりも
はるかに暑いです。そんな中、帽子をかぶっていないと熱中症、日射病に
なる危険性があるので、暑い気候の国に行くときは
絶対に用意しておきましょう!


7、おみやげのリスト


みんなから頼まれたおみやげを書いてメモに残して持って行きます。
無いとパニックになりますよ←経験済み^^;

2013年10月09日

私的、新婚旅行にお勧めの地、

"

私的、新婚旅行にお勧めの地、


普通の庶民の新婚さんを考えました。

海外だったら、やはりハワイ、グアム、バリ島など、国内は季節によりますが夏場の北海道、冬場の沖縄、通年は京都、などでしょうか。


夏の北海道は各種の花々が咲き競い、大自然が満杯です。 特にお勧めが道央部の美瑛、富良野から帯広でしょう。

美瑛・富良野はパッチワークの広大な畑が続きますし、十勝の山裾には有名な温泉もあります。 

帯広は広大な農場、酪農の中心ですが、途中の神秘に湖・然別湖や旧国鉄広尾線の「愛国駅」と「幸福駅」は全国的なブームを巻き起こした有名な駅も有ります。 
ここでキップを買うと「愛と幸せがやってくる」と言いますし、新婚さんにはピッタリです。

沖縄は、一寸異色感が漂う那覇の国際通りや牧志公設市場もいいですが、やはり沖縄は海でしょう。

恩納村に行けば何処の海でもいいですが、特にお勧めが国際会議が行なわれたブセナ海中公園あたり、更には、海洋博が行なわれた海洋博公園と「ちゅら海水族館」、南へ下って糸満の平和記念公園、ひめゆりの塔あたりでしょうか。

近いところでは、日本人の皇祖高祖の伊勢神宮で、今年は20年の式年遷宮に当たり、新旧二つのお社が並んでいます。

旧社殿も暫くそのままにして拝観できるようですが、次第に解体され全国の神社に譲渡されて建物の修復などに使われるといいます。
"

行くならやっぱり、あったかいとこです。

"私、北海道だから、行くならやっぱり、あったかいとこです。
新婚旅行ならばなおさらで、会社には堂々と休みは取れるし、しかも長めに言えます。
大きい会社なら、有給だ、権利だなんて言えるけど、中小企業はね、難しいのが現状。
私の場合も、堂々となんて書いたけれど、実際には早めにやりくりで休みが取れたって感じ。
お互い様というところもあるけれど、休みを取る方は、すいませんねと低姿勢になるよね。
8泊10日のハワイ旅行なんて夢見たけれど、実際には4泊5日の沖縄旅行。
これでも、結構大変だったんだよね。
でも、楽しかった。
10月だったから、北海道はもう寒くなってきている。
沖縄は、まだ真夏だ。
そのギャップが、旅行に来たという感動を、更に盛り上げてくれるんだと思う。
当然、帰ってきた時は寒かったけどね。
新婚旅行は、一生に一回だから、余計に想い出は濃くなる。
妻を見ていると、その思いは強くなる。
3年前、孫も連れての家族旅行をした。
妻が、また行きたいと言っていた沖縄にね。
それも、同じ10月。
昔とは変わっていたけれど、この寒さのギャップは同じだった。
着いた時、思わず言ってしまった。
あったか~い・・
それは、昔と同じだった。
"

ドイツへの新婚旅行

"ドイツへ新婚旅行へ行きました。

日程は7泊9日で、まず、ミュンヘンに入りました。
初日はミュンヘン観光をし、クラシックコンサートにも足を運びました。
2日目には、電車でザルツブルグへ日帰り観光をしました。

3日目以降は、ガイドと車を手配し、
ミュンヘンからロマンティック街道を北上して、
いくつかの観光地や、歴史ある街を巡りました。

ノイシュバンシュタイン城やヴィース教会といった観光地や、
アウグスブルグ、ネルトリンゲン、ディンケンスビュール、ローテンブルグといった街を訪れ、
中世ヨーロッパの街並みを堪能しました。

また、宿泊は古い城を改装したホテルを選びました。
とても雰囲気のあるホテルで、
普通のホテルとは一味違った空間を過ごすことができます。

最後に、ライン川や、フランクフルトを観光して、
帰国の途に着きました。

新婚旅行は多くの人にとって、一生に一度の大きなイベントです。
普段はなかなか行けないようなところに行ってみるのがいいのではないでしょうか。"

About 40新婚旅行・ハネムーン

ブログ「結婚式の準備に向けて・・・ ウェディングで失敗しない!結婚式の手引き」のカテゴリ「40新婚旅行・ハネムーン」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しい順番に並んでいます。

前のカテゴリは30ウェディングの準備です。

次のカテゴリは50新生活の準備です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type