結婚式の手引き・トップへ > 親と同居か?別居か?

親と同居か?別居か?

親と同居するのか、別居するのかで、結婚後の生活は大きく変わって
きます。個人的には「絶対に別居」と思っているのですが、
同居する方もたくさんいますね。大体がヨメが嫁ぐというカタチです


同居のメリット


親と同居することで、生活費の負担が小さくなります。
あとは姑から料理を教えてもらったり家事を分担できたり
するとラクですね。


もっとも大きいのが親が持ち家の場合、家賃が必要無いということです。
家を建てるお金の貯金ができるまで両親と同居でガマンしているという
友人もいますね。このように主に金銭的なメリットが非常に大きいです


同居のデメリット


親と同居と言っても、ぶっちゃけ他人です。
ダンナと結婚をしていなかったら、町ですれ違っても声を掛けることも
無かったはずです。コチラからは選ぶ権利はありません。


問題なのは好きな人の親も大好きになるとは限らないということです。
犬猿の仲どころか絶縁状態の友人もいます。いわゆる「嫁姑問題」という
ヤツですね。このようにデメリットとしては主に「人間関係」が大きいです


別居のメリット


別居のメリットは自分たちで好き勝手にできるというトコロですね。
同居と違い、両親に気を使うことも無いので、息を抜ける部分も多いです。
親と一緒に住むというのはヨメさんにとって、かなりのストレスなのは
間違いないでしょうからね


もちろん入り婿のマスオさん状態の場合はダンナのストレスが
すごいことになります。これらのストレスが全く無いというのが
大きなメリットでしょう


別居のデメリット


景気は上がっているといわれていますが、別にサラリーマンのダンナの
給料も一緒にうなぎのぼりするわけではありません。
給料が安い会社はホント安いです。


そんな中、新居を購入したり借りたりすると、月5万円の家賃でも
ずっしり来ますね。プラス光熱費などもかかってきます。
これは都会になるほど比例して高くなるのでキツイですね


現実問題、都会になるほど結婚する年齢が遅くなってきています。
理由は生活費が若くて給料が低い状態で結婚しても生活が苦しくなるのが
目に見えているからという部分も一部の原因ではあると思います。


まとめ


親と同居を選らぶのも、別居を選ぶのも個人の自由であり、
自分の責任で決めることなのでしょうが、ひとつだけ注意しておいて
くださいね。それは・・・


「絶対に妥協をしないこと!」


ダンナが「どうしても親と一緒に暮らしたい」と言っても、
自分がイヤだったらきっぱりと断ることですね。もしそれで「別れる!」とか
発展するようなら、どちらにしろいずれ別れますよ。


もちろん親が病気で苦しんでいるといった場合もあるので
なんとも言えませんが・・・


しかし別居でも同居でも別にお互い何も問題が無い状態なのに、絶対に同居といわれて
それがものすごくイヤな場合は絶対に断りましょう。これを渋々、妥協して「いいよ」と
言って悲惨な目にあっている友人を沢山みています^^;

3世帯家族

おすすめサイト一覧

年収の3分の一しか借りられない?総量規制はキャッシングでとても重要なニュースです

両親への挨拶と結納

結婚式について

ウェディングの準備

新婚旅行・ハネムーン

新生活の準備

カテゴリ一覧

結婚・恋愛について

サイト情報