結婚式の手引き・トップへ > 新居を探す

新居を探す


親と別居と決めた場合のみですが、自分たちが住むための
新居を探す必要があります。長男とかは気を使って親と近い場所を
選ぶこともあるようですね。もちろん職場が近かった場合のみですが・・・


マイホーム


職場からなるべく近いトコロを選ぶ


自分が働く職場からなるべく近い場所を選びましょう。
お互いに共働きで職場も違う場合はキッチリと話し合って、
場所を決めていきましょう。昔は結婚したら嫁は家庭を守るのが
普通という習慣もありましたが、最近は全く逆です


結婚してからも働きたい女性が増えています。
パートを正社員にしたり、育児が終了後、また雇うといった企業も
増えてきています。働く楽しみを知ってしまったことで、
結婚をすることをイヤがる女性も増えています


よって、子供ができるまでは共働きの夫婦が多いですね。


転勤が多い職場ではないのかどうか?


働く職場によっては異常に転勤が多いトコロもあります。
そのような場合、敷金、礼金が高いアパートを選ぶと「損をした〜!」と
叫ぶことになりかねないので、気をつけてくださいね


家賃のバランスについて


えらい現実的な話でもうしわけ無いのですが、高い家賃の場所ほど、
やはり魅力度はかなり高く感じてしまいます。気に入ったトコロも
見つかりやすいです


そこでムリをして高い家賃の場所を借りると、
その家賃が後々ズッシリと生活の中にのしかかってくることになります。
お金に余裕が無くなると、ピリピリしやすくなり、
夫婦間の仲が悪くなることもあるので注意が必要です


逆に安くて狭い1DKの場所を選んだりすると、
今度はスペースが無さ過ぎて、お互いのプライベートが維持できずに
ストレスが溜まります。


実はワタシたちも料金ばっかり見て、最初はメチャクチャ安い場所を
借りましたが、三ヵ月後には出ることになりました^^;


お互いに一緒に居る時間が長すぎると、ものすごいストレスなんですよね。
イヤなトコロばっかり目が行くようになります。そして話し合いの結果、
いまは2LDKの場所に住んでいます。


騒音を防ぐ防音対策はカンペキか?


隣の家に自分たちの声が聞こえたり、逆に聞こえてきたりすると、
いつも常にうるさくしないようにしないといけないと気を使って
仕方がありません


隣の人の仕事帰りがいつも遅くて、夜中の2時過ぎになるとうるさくて
仕方が無いということもドラマだけじゃなく現実でもよくありますからね


日あたりは良いのか?


日あたりが悪いと、ジメジメして洗濯物は乾きにくいし、
梅雨のときなど最悪です。カビなども生えやすくなってしまいます。
何よりも朝起きたとき、朝日をあびるかあびないかで
その一日の行動にもえらい差がつきますからね


買い物に行く場所が近くにある


一人暮らしだと近くにコンビニがあると便利とよく言われているし、
実際そうです。かなりラクです。困ったときはすぐに買い物に
いけますしね・・・


しかし夫婦で暮らすとなると、あまりコンビニは役に立ちません。
なぜならばコンビニに置いてあるモノは全て値段が高いからですね。
スーパーとかで買ったほうが、はるかに安いです。
というか家計を考えてもスーパーで買い物をするべきです


一ヶ月の食費を全てコンビニで買っていたら、シャレにならない
金額になりますよよっぽどのお金持ち以外はまずムリです。
一人暮らしで使えるお金が多かったからできることなんですよ


駐車場について


ワタシの住んでいる地域は田舎なので、駐車場の料金も
そんなにかかりません。ハッキリ言って安いです。
しかし東京などは「それ家賃だよね?」というぐらい高い値段の
場所もあります


ただ、家賃は安くて駐車場代だけ高い場所というのは
ほとんど無いでしょう。だいたい家賃も高ければ駐車場代も高いです。


隣に住んでいる人たちとのトラブル


隣に住んでいる人たちとモメるという話は実際によく耳にします。
代表的なのは騒音おばさんですか?あれは特別ヒドイので例外ですが、
嫌がらせを受けたり、挨拶しても無視されたりすることはあります


それが原因で引越しする人も少なくありません。
公園に子供を連れていっても無視されたりですね。
ポイントとしては誰かの陰口を言っている中にはまざらない
ほうがいいですよ。


あとはどうしても住んでみてからじゃないとわからない部分が
大きいですね住んでみてから「最悪」となったりします

おすすめサイト一覧

両親への挨拶と結納

結婚式について

ウェディングの準備

新婚旅行・ハネムーン

新生活の準備

カテゴリ一覧

結婚・恋愛について

サイト情報